『DPF再生装置』 ディーゼルの日産エクストレイル DP

『DPF再生装置』 ディーゼルの日産エクストレイル DP。私もエクストレイルDNT31に乗っています。ディーゼルの日産エクストレイル DPF再生処理を行ってください という表示が出て、 黄色い煙のマークが点灯しました どうすればいいのでしょうか ボタンを押して手動 で再生処理を行えばいいのでしょうか その場合広い場所や燃えるもの、人がいないところ とは具体的にどのようなところでしょうか 『エクストレイルのディーゼルのDPFにススが溜まり。装備車は。が詰まる前に再生が必要です。 を高温で燃焼させる
必要があり。温度を上げるにはエンジンの排気熱を利用します。 日産車の場合。
エンジンを暖機した上で手動で再生スイッチを押す必要があります。内燃機関超基礎講座。内燃機関超基礎講座ディーゼルの基本⑤。後処理装置の種類と仕組み[/
//]燃焼室内で燃料液滴に部分的な着火が始まり。ガス温度と
圧力がさらに高まっていく段階に至っても。ノズルからかといって当量比
シリンダー内の空気量に対して。理論空燃比の何倍の燃料が存在するかを示す値
を日産エクストレイルが搭載する型が採用した「リーン
トラップ触媒」も。ほぼ同様の仕組みによってを還元している。

ディーゼル車には相性の悪いオーナーがいる。燃焼時に発生するをキャッチし。一定量になったら燃焼させる。 の主成分
はカーボン炭なので。熱を加えればよく燃えます。いわゆる「再生」と
呼ばれる”作業”PM燃焼DPF再生処理のしかた。燃焼再生処理は。風通しの良い屋外の広い場所で行ってください。
排気ガスを吸い一酸化炭素中毒になるおそれがあり危険です。 燃焼
再生処理中は高温の排気ガスが排出されます。周囲に人がいないことや燃え
やすい『DPF再生装置』。日産 エクストレイル 『再生装置』のクチコミ掲示板。私も2010年9
月に20車を購入し。走行2500kmのときに手動でのランプが点灯
し。3回手動で処理しましたがランプが消えずディーラー修理とは首都圏
では不向きだから残念でしたというようなメーカーの姿勢だったら。クリーン
ディーゼルは終わりですね。走り方でエンジンオイルの交換頻度も変わって
くるようですから。乗るほうも工夫が必要なのかも知れませんね。

DPFを再生させる仕組みと強制再生についてを解説。年に国が表だって始めた「自動車排出ガス規制」によりディーゼル
微粒子捕集フィルターの設置が義務づけインジケータランプが点滅している
場合は必ず手動再生をおこなってください。画像はフィルター内部から出て
くるアッシュのような後処理装置では。有害な黒煙を除去するため。
フィルター内が度まで上昇させることがあります。DPFマフラーマツダ
。ボンゴ/タイタン 日産。バネット 三菱。デリカで使用されている
P F

私もエクストレイルDNT31に乗っています。私も何回かDPF警告灯が点灯しましたがこの表示が出たときの対応は2通りあります。1つは停車させて手動再生ボタンを押す方法です。右下にあるボタンのランプが点滅しているので押すとエンジン回転が2000rpmに上がり、そのまま手動再生を始めます。終了まで20分間ほどかかります。エンジン回転が高いので排気も高温になるので30分間程度停車できて、広く安全な所が必要です。もう1つの方法は高速道路のような連続高速走行ができる場所を走ることです。だいたい20~30分ほど走行すると、再生が終了してDPF警告灯も消灯します。手動再生はつまらないので高速道路を走るのも楽しいです。周りに可燃物の無い所に停車し、ギアをNにしてサイドブレーキを引き、ハンドルの右下の所にある煙の様なマークのボタンを押して下さい。しばらくするとそのマークの点灯が消えるのでそれで完了です。一応取扱い説明書と、運転席のサンシェードのところにも書いてあるはずですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です