『vesta』掲載記事 サツマイモばかり食べているニュー

『vesta』掲載記事 サツマイモばかり食べているニュー。イモにも生きていくには十分なタンパク質が含まれています葉っぱを食べる草食動物の場合は腸内細菌がタンパク質を作ると言われています直腸からでも栄養は吸収できます原因と結果が逆ニューギニア高地の人々はアミノ酸を十分に吸収できるから生きていられた、現在まで生き残ってこれたアミノ酸を吸収出来ない?十分ではない人は健康を害したり淘汰されてしまった。サツマイモばかり食べているニューギニア高地の人々は、タンパク質が摂取できないかわりに、腸内細菌が窒素固定してタンパク質を生成し、そのタンパク質(アミノ酸)を利用していると言われています また、青汁だけで生きている人もいて、やはり腸内細菌がタンパク質を作っていると言われています
そこで疑問なのですが、アミノ酸は小腸から吸収されると考えられています タンパク質を生成する腸内細菌は、小腸にいるのでしょうか
もし大腸の細菌ならば、大腸からアミノ酸を吸収できるのでしょうか 第2回研究会の記録:微妙な差異を愉しむ。ところが。私が調査したパプアニューギニア高地の人々は。朝も昼も夜も
サツマイモばかり食べて暮らしていた。その食生活には。私がイメージするよう
な嗜好品は存在しなかった。サツマイモは生きるために食べるのであって。人々
が。それ

サツマイモの贅沢~パプアニューギニア~。年。私はニューギニア高地エンガ州のサカ谷で調査を行った。現地語で「
この土地で暮らす人々にとって欠くことのできない食べ物。それがサツマイモで
ある。当時。村というより。ほとんどサツマイモだけを食べている。むろん。『vesta』掲載記事。ちなみに。日本人の平均タンパク摂取量は一日一人あたり八○グラムと報告され
ている。このような腸内細菌研究の進展により。パプアニューギニア高地人が
サツマイモを食べて筋肉質になることと彼らの腸内細菌叢の機能を結びつけて
考えることが再び魅力的な思いおこせば。私がパプアニューギニア高地で
住み込み調査を始め。サツマイモばかり食べ始めた頃。何日も便のでない期間が
あった。

サツマイモばかり食べているニューギニア高地の人々はタンの画像。

イモにも生きていくには十分なタンパク質が含まれています葉っぱを食べる草食動物の場合は腸内細菌がタンパク質を作ると言われています直腸からでも栄養は吸収できます原因と結果が逆ニューギニア高地の人々はアミノ酸を十分に吸収できるから生きていられた、現在まで生き残ってこれたアミノ酸を吸収出来ない?十分ではない人は健康を害したり淘汰されてしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です