しつけって こどものしつけについて やっぱり親はひいては

しつけって こどものしつけについて やっぱり親はひいては。真のしつけとは時には厳しく、時には優しくと言うのが子育ての基本、分かり易く言えば怒るしつけも大事だし思い切り誉めるしつけも大事と言う意味です。こどものしつけについて
やっぱり親はひいてはいけない

様々なしつけの場面で、「??しないなら、□□しないよ」と言って??をさせようと促す場面があると思います 例えば、嫌いなものを食べ なかったら、とか
そういう場面で、待っても待ってもしない時がある時があると思います そういうとき、親はどう対応すればいいのでしょうか
??できなかったら、やっぱり□□はさせないほうがいいのか でも□□がとても楽しみにしていたものだったら、それを奪うのも辛いものがあります

言葉が話せればいいですが、まだままらない子に対しては特にどうすればいいのか

知識のあるかた、どうぞ教えてください しつけってどうすればいいの。このとき。大事なのは「親が子どものリードについていく姿勢」であること。
さらに。声をかけるときに意識するポイントがつあります。 具体的にほめる。
子どもを

いちばんのしつけとは。子どもの将来のために。いい親でありたい」と考える真面目な人ほど。「こうし
なければいけない」「こうしては駄目」といった家庭教育に関する多くの情報に
がんじがらめになっています。そこで。気鋭の教育子どもを叩いてしまう親必見。少なくありません。しつけと虐待の違いや。「愛のムチ」の必要性。叩かずに
済む方法について専門家に聞きました。危険なことやしてはいけないことを
わかってほしいのに。子どもが理解してくれない…』ということがしつけって。子どものしつけに悩むことが多いです。子どもと向き合う時の基本的な心構えや
。しつけについて教えてください。 回答 「しつける」という言葉が「押しつけ
」をイメージするようで好きではないという人がいますが。「しつけ」は漢字で
「躾=身を美しく」と書きます。どんな理由があるにせよ。そういう行為自体
がいけないのだということを。幼いうちに身体感覚で身につけることが大切です

子どものしつけについて。子どものしつけについて 最終更新ちょっと早いかもしれないですが。良い
ことと駄目なことを伝えていかなきゃいけない時期かと思うんですが。お
姉ちゃんは歳だでも今は。やっぱり聞かないんですよね。女の子と子どものしつけは「言葉での説明」が良いとは限らない。子育て中の親の多くは。子どもの行動に関する専門家が体罰を否定していること
を知っているだろう。しかし。いわゆる肯定的な子育てが必ずしもうまくいくと
は限らないことを示唆する研究結果が。米ミシガン大学

真のしつけとは時には厳しく、時には優しくと言うのが子育ての基本、分かり易く言えば怒るしつけも大事だし思い切り誉めるしつけも大事と言う意味です。こちらのしつけ法をパブロフと言うお方が犬を使い発見した事からパブロフの条件反射と言い人間のしつけにも有効な手段、あなたがテレビなどで見ていただいている介助犬はこちらのしつけにて調教されているからユーザーと呼ばれるお方は犬が悪ければ厳しく怒り犬が自分の言う事を聴いてくれたらあのようにして誉めまくっているのです。こうする事により介助犬たちはいい事をしたらご主人様から思い切り誉めて貰えると言ったような喜びを習得し学習、人間だって動物ですので当然のごとくこちらの母性本能を持っているから私のしつけ法が最も有効な手段として威力を発揮して暮れるのです。当然ですがだめだめ攻撃は紹介した介助犬でも逆効果、こうなったら犬も人間も楽しみをすべて失いご主人様やあなたの言う事など一切聴いてくれないような不良へと落ちぶれどちらも使い物に成らなくなってしまうのです。その手のしつけは、ある程度言葉でのコミュニケーションが取れるようになってからで良いと思います。まずはシンプルに「これはダメ」からでしょう。「何しないと、コレをしてはいけない」というのは、やや複雑な指示です。言葉を十分理解できない状態でそういう複雑なことをやると、どういうときに許されて、どういうときはダメなのかも理解出来ず、混乱させるだけだと思います。また、食べ物の好き嫌いで罰則を与える必要性は感じないかな。自分だって、絶対的に嫌いな食べ物食べないもの。子供の性格とか色々な要因が絡むから、一般論として言うのは難しいけれど、時間に制約があって行動をコントロールしたいときに、ある程度の効果はあると思います。例えば、TVに気を取られて、一向に身支度が進まないときとか。「服着替えないと、TV入れないよ」とかいうパターン。最初のうちはギャン泣きするかもしれないけど、泣こうがわめこうが、絶対に妥協しなければ、子供もそのうち学びます。お父さんがダメと言ったら本当にダメだから、さっさとやるかってね。良い意味の諦めを学ばせるのです。保育園だ、学校だ、と集団生活が始まると、否応なしにそういう行動と感情のコントロールを求められる場面が出てきますから、少しずつそういうトレーニングしても良いと思う。年少か年少のひとつ前の年くらいからかな。やるなら妥協せずに、ダメだと言ったものはダメ。でも出来たら、約束を守る。上の例では、着替えたらTVをみせるという約束は親も守らないといけない。親がご褒美あげる約束を守らなければ、子供だってやる気が削がれますから。着替えたけど、もう保育園行く時間だからダメですとならないように、子供が着替えるスピードと残り時間、放送しているTV番組のタイミングなどを勘案して、守れる約束をするのが肝だと思います。上にも書きましたが、子供の性格によって反応も違うから、これが正解、これが最も効果的と言う方法は、親自身が編み出さないといけません。保育士をしています。何歳のお子さんかにもよりますね。文面から見て乳児さんでしょうか。他の方も仰っていますが、危険を伴う場合には子どもに有無を言わさず親が引くことなく躾をする必要があります。ですが、嫌いな物を食べないなどの日常的な場面でどちらが引くかということで躾を行う必要はありません。例えばですが乳児のお子さんが苦手な物があるのには理由があります。葉物が苦手なのは繊維を噛み切る力が無いから…など発達による理由があることがほとんどです。なかなか着替えないことも多いかと思いますが、見通しを付ける力がまだ付いていなかったり、洋服を着るためのボディイメージが持てない、などと小さな子どもにはやろうとしても出来ないことが沢山あるんです。思い当たる節はありませんか?だからそれを「?しないなら?させない」とか脅し文句で言うことを聞かせることを躾としないで下さい。あなたが子どもだったら嫌いなものがあった時に大好きな母親に脅されたいですか?それとも同じ目線で手助けしてもらいたいですか?「?しないなら?させない」で育ったお子さんのかわいそうな姿を知っているから、私は我が子に一度も言ったことはありません。「?したら?しようね」に変えてみて下さい。待っても待ってもしなかったら「一緒にしようか」「今日はしたくない?」で大丈夫です。そうやって出来ることが増えてきますよ。子どもは脅し文句よりも、感情を教えてあげた方が有効ですよ。「?してくれたらお母さんは嬉しいな」「?されたら悲しくなっちゃうな」そして出来たら必ず具体的に褒めます。「凄い」じゃなくて「食べられたね」とか「着られたね」など。躾という面では、人に迷惑を掛ける行為には毅然とした態度でかわいそうなど思わずに引かないことです。○○しないなら、□□しないよ、は私は基本使いませんね?。○○と□□に何の関係もないなら、幼児にはその意味がわからないと思うんで。意味がわからなければただの交換条件か脅しです。それよりも、なぜ○○しなければならないかをとくとくと説明します。意味もわからず無理やりやるよりも、理解と納得の上でやった方がいいと思うからです。ただ、ご飯を食べなきゃデザートがない、というような関連性があれば別です。ご飯を食べずに甘いものばかり食べると栄養が偏る、ということを含めて伝えますね。義務を果たさなければある程度の権利がない、という意味ではそれが理解できる年長さんくらいからはいいのかなと思います。乳児の頃からそうしてますし、言い聞かせても、待っても待ってもしない時は、そんなにやりたくないならまぁいっか、と放っておきました笑 何がなんでもさせなきゃいけないことと言えば、命の危険に関わることくらいです。そういうのはゲキを飛ばしてでもやらせます駐車場で手を繋ぐとかうちの場合、生活上のことは、そこまで厳しく制限かけてまでさせたことないかもですね。もう言葉も達者になったけど、放っておいたわりに、意外とちゃんとやるようになりました。内容によりますが、結果より努力の具合ですね。お野菜のおかず食べなきゃバナナは食べられないよ→全部は無理でも頑張って少し食べたなら、それを認めて褒めてバナナをあげます。一口も食べなかったらあげません。本人の努力が見えたらOKとすることもありますし、他に褒める部分を探すこともあります。??はできなかったね。でも今日はあんなことができて、とってもお利口だったよね!こんなこともできて褒められたよね!と、褒めるところを探して理由付けにしてOKしたりもします。あくまでも「できなくても許される」とは思わないように誘導しますね。さじ加減って難しいですけど、基本的に「危険を伴う行為」「マナー違反」につながるものであるときは、「○○しないなら、□□しないよ」というしつけをしていました。ただ好き嫌いに関しては、無理強いしても余計に嫌いになるだけですから、好きになれるような工夫や興味を持つような工夫をしていました。嫌いなものは少ない方がいいと考えていますので。食べ物なんかだと、無理強いするより工夫で食べるようになった方がいいと思います。たとえば、一緒にお買い物で選ぶところから始めてみたり、調理を手伝ってもらったり。さらに大きくなれば、家庭菜園や釣りとか、自分で手に入れたものだと結構食べてくれたりするんですよね。言葉が話せないくらい小さいのであれば、調理の工夫ですね。ミキサーですりおろしてハンバーグに入れてしまったり、見た目を可愛くアレンジしたり…ただ一番効果的なのは、一緒に食事する方の笑顔が一番だと思いますよ。「おいしいねぇ」って嬉しそうに食べてるの見たら、食べてみたくなりますからね。内容によります。?嫌いなものを食べないと○○あげないよ?と言うのはある意味、脅迫だと思うのでするべきではないと思います。嫌いな食べ物と欲しいものは関係ありませんから。例えばこれが、?お着替えしないと外遊び出来ないよ?などの場合は、要求を満たすために必要な条件ですから、いつまでも着替えなければ外遊びはさせません。言葉が話せなくても、こちらの言葉は何となく分かっている可能性もあるし、今後わからせる意味でもきちんと話して約束は守ると教えます。楽しみを奪うのが可哀相だからと与えてしまったら、?泣けば貰える?と覚えてしまいますから。これはあくまでも私のやり方ですので、他のかたはどうか分かりませんが、一案として。理想としては言った通りにするべきですし、そうでなければ次回以降にこの言葉の響き方が大きく変わってしまいます。子供の方も、ああ、やっぱり許されるんだ、と思ってしまいますからね。ただ、僕、というか我が家では一度それで困ってからは、その手は使わなくなりました。まだよく分かっていない相手に強行してしまっても、何が悪いのかをきちんと理解してもらえない事も無いとは言えませんし、こちらも辛いというのは確かにあるからです。今は、「子供ちゃんなら出来るよね?」というやり方を採用しています。「無理!」という子も居ますが、子供は大人が理解できない事もあるものの、きちんと考えて物を言っている事も多い為、そう言ったときは、どうして?と話を聞いて、少しずつ一緒に色々と話し合って、考えながら、あくまでも自主的に動いて貰えるようにしています。もっと幼い頃の、言葉の儘ならぬ時期だと何を言っているのかさっぱり、という事もありましたが、暗号言語を読解して話をするのもそれはそれで楽しい時間だったな、と今では思います。あと、必死になって伝えようとしてくるのが可愛いです。以前よりも時間はかかってしまいますし、時には1時間近く話しをしている事もありますが、険悪な様子もなく、こちらも子供も割と楽しいです。物事の説明や思考などの練習にもなりますし、僕はこれをオススメします。宜しければ試してみてください。イヤイヤ期なんですかね?イヤイヤ期なら、無理にしつけをしようとせず、??しないなら??しないよ!と言う言い方ではなく、??したら、??で遊ぼっかとかの言い方で、それでも、しないなら無理にさせず、長い目で様子を見る方がいいんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です