ザ?シチズン GS より The CITIZEN の方が

ザ?シチズン GS より The CITIZEN の方が。SEIKOも決して手をこまねいているわけではありませんが、それ以上にCITIZENの技術革新のスピードが優っていると考えるべきでしょう。GS より The CITIZEN の方が技術的には上ですか 年産±1秒など、驚異的なスペックを打ち出しています 反面、GS はあまり進歩がないように感じます
機械式は旧態依然、新機構スプリングドライブも故障が多いと聞きます クォーツに関しては完敗ですね

確かにブランディングでは後発の The CITIZEN よりも好結果だった GS も、新モデルのデザインはまるでのっぺらぼうで、シリーズの展開は何が何だか分からなくてなってしまいました
今まで築き上げてきた優位性は、簡単には揺らぐことはないでしょうが、これからは The CITIZEN が力を付けてくるのではないでしょうか

皆様のご意見をお聞かせいただければ嬉しく思います
どうぞ宜しくお願いします 安い。ザ?シチズン – 高精度クォーツモデル 正規品 腕時計
型 -/ 電源対応 – モデル在庫目安
おインターネットと教育』に関する現状の認識と課題およびその解決方法
現状では。 技術的な面でも興味をもっている教員が一人でもいる学校は。 その
教員

ザ?シチズンは真に人に寄り添う腕時計。“”と双璧をなす。実用時計の最高峰『ザ?シチズン』 “技術のシチズン”といっ
てもいいほど。革新的で高精度な時計を多く生み出してきたシチズン。数ある
傑作の中でも『ザ?シチズン』は特別な存在です。年代。ザ?シチズン。エコ?ドライブ 時間は光で創る。 定期的な電池交換が不要のシチズン独自の光
発電技術。太陽光や室内のわずかな光を電気に換えて時計を動かし。余った電気
は二次電池に蓄えます。一度フル充電すれば。光のないところでも長時間動き
続け豪華。ザ?シチズン 代引決済不可 シチズン 腕時計 特許と
は。高度で新規性のある技術的発明をした者の出願に基づき。政府がその独占
パテントトロール」は英語で「 」と書き。第三者より買い集めた特許
電動シザースリフトGS -アルインコ株住宅機器事業

新版。その技術力とデザイン性は日本国内のみならず世界で認められています。
シチズン腕時計に搭載されている電池交換を不要にした「エコ?ドライブ」は
シチズンが開発した光エネルギーを利用した発電?充電システムです。また。
標準電波をオメガやタグホイヤーではなく。しかし。オメガやタグホイヤーの代表的なデザインは。とは異なります。
これは。ザ?シチズンは登場当初よりソーラー時計にこだわりを持っているのに
対し。はクォーツ?機械式?スプリングドライブという3つの

SEIKOも決して手をこまねいているわけではありませんが、それ以上にCITIZENの技術革新のスピードが優っていると考えるべきでしょう。添付した画像からもわかるように、エプソンが1969年にクォーツ時計を開発して以来、SEIKOはクォーツの精度を着実に詰めてきています。しかしCITIZENは1975年に年差3秒のクォーツ時計、クリストロンを発売していますから、この時点からSEIKOは既に電子時計のスペックで、事実上CITIZENの後塵を拝することになります。しかしクリストロンには、その精度を維持するために電池寿命は僅か一年しか持たないなど、いささか付け焼き刃的な側面がありました。それ以来CITIZENは精度とエネルギー効率を両立した電子時計の開発に注力し、現時点で年差5秒のクォーツ時計を常産しているのはCITIZENとロンジンのみとなります。エネルギー効率の面に於いても光発電は言うまでもなく、電池式のザシチズンの電池寿命は5年と、他社を圧倒しています。昨今の流れを見ても、2017年3月ロンジン年差5秒バーゼルワールド発表2018年3月CITIZEN年差1秒バーゼルワールド発表SEIKO年差5秒限定モデル発売と、ライバル社に対するSEIKOの、技術革新の遅れは否めないところです。電波時計の分野でも、SEIKOは2012年に世界初のGPS時計を開発したと謳っていますが、実際にはCITIZENに先を越されています。ソーラー時計やソーラー電波時計の開発でCITIZENに遅れを取ったSEIKOが満を持して開発にあたったGPS時計でしたが、CITIZENが一足早く2011年に製品化しています。しかしここへ来てSEIKOは、フラッグシップのアストロンを急速に進化させています。受信性能、耐磁性能、防水性能を全て満たすことが困難なGPS時計の開発にあたって、SEIKOは開発当初から受信性能を確保するためにリングアンテナ時計外部のベゼルにアンテナを格納を採用してきました。しかしこれが仇となり、これまでデカ厚の汚名を余儀なくされてきたアストロンは、去年の暮れに発売された5XシリーズではCITIZENと同じパッチアンテナを採用。ケースのコンパクト化に成功しています。結果的に、CITIZENアテッサGPS 2015年発売モデルケース径43.3㎜ケース厚12.5㎜SEIKOアストロン5X2018年発売モデルケース径42.9㎜ケース厚12.2㎜と、現行のCITIZENの最小モデルよりも僅かにボディーを絞ったスペックとなりますが、肉眼で判別できない数値に拘るあたりは、SEIKOにとってCITIZENが如何に目の上のたん瘤であるかが窺い知れるところです。加えて5Xシリーズからは、受信時の調針スピードを従来の数十秒から最短3秒に改良してきていますが、CITIZENが最短3秒を謳ったのは2014年のことですから、これも取り立てて斬新な技術革新とは言えません。また、CITIZENがスマートウォッチの分野で先を行くフォッシル社とタッグを組んで今後製品開発を決定している中、SEIKOはハイブリッドスマートウォッチブルートゥース機能を持つアナログ時計の開発にすら着手していないのが現状です。マーケティングの見地に立った場合にも、CITIZENの方が成功していると言えるでしょう。CITIZENは「切ること」が上手いメーカーです。ザシチズンの機械式時計の撤退やシリーズ8の生産中止など、採算に合わないカテゴリーは非情なまでに切り捨てます。そこにはCITIZENが目論む「企業としての成長」が垣間見れるのではないでしょうか。SEIKOが自社で開発した1970年前後の機械式時計の水準まで再び精度を詰めるために莫大な資金を費やした結果、現行の日差2秒前後の機械式時計に付けられた価格は500万円を上回っています。これが世界的に台頭するロレックスのローエンドモデルと同じ精度であることに鑑みる時、設備投資と売上高のバランスが取れず営業不振に陥っている現在のSEIKOを見る限り、CITIZENの電子時計に舵を切った選択は、企業的には大英断だったと見るべきでしょう。CITIZENが高精度の年差クォーツの開発に手を緩めないのは、日本一の電子時計メーカーであることの世界へのプロパガンダに利用されています。そのことが製品の総販売数に反映され、日本一の売上高を維持している現状を見る時、10年保証、生涯修理で採算の取れないザシチズンの「地味な位置付け」にも十分に頷けます。大袈裟な言い方をすれば、CITIZENという企業にとってザシチズンは、技術力の広告塔として機能する「必要悪」の存在なのかも知れません。CITIZENは良い意味高品質で安い時計を提供することが第一義で、実にずる賢い時計メーカーなんです。SEIKOクォーツ 精度革新の変遷私はGSのスプリングドライブSBGA025を11年使っています。シンプルで太い針が凄く存在感を主張していて何年経っても飽きないデザインに惹かれ購入しました。しかし少し触れられている通り、11年の使用で修理が3度、合計≒15万一度のOHに¥52,000-定期的に4年に一度パワーリザーブが満タンなのに止まるという症状がおこります。『原因は部品の酸化現象による油切れ』との事。4年に一度毎回起こるので、修理に出しているメーカーのお客様センターに『毎回4年に一度と短いスパンで起こっている、コレはメーカーとして普通のことなのか?』と問うと『スプリングドライブでは珍しい事ではありません???』とメーカーが認め、ガッカリした。自分もそうでしたが、GSの口コミでは信頼性が他の海外メーカーに比べて異常に高い気がします。しかし事実11年使用して、その都度メーカーと話をし、メーカーの回答はこのようなものでした。GSの全てが悪いとは思いません。しかし知り合いが自分と同じようにスプリングドライブに魅力を感じて購入を検討しているなら『油の劣化による部品の酸化現象のため4年ごとに¥52000-のOH代がかかるよ? それでも良いなら???』と、教えてあげたいです。セイコーもスプリングドライブという複雑な技術を作り出すのは結構だが、4年に一度OHするなら、クオーツを持って電池交換するのと変わらない。ブランド力や信頼性って時間を費やして作られるものですが、GSは全くそれが分かっていないように思いました。デザインを両者ともにもっとテコ入れしてかないと、その価格帯で世界販売を伸ばしていくのは厳しいと思います。日本人のおじさんは日本製最高!って買ってくれるかもしれませんが、例えば中国?東南アジア?中東といった非欧米圏でどうやってスイス勢と勝負していくのか?そのへんの戦略がデザインに感じ取れません。例えばウブロやリシャール?ミルのような新しさ、メッセージがない。好きかどうかは別として。結局、中価格帯のソーラー電波の競争力頼みですね???。おっしゃるようにスペックはシチズンの方が上におもえますgsにももう少しがんばって欲しいと感じますが何でも乗せちゃうセイコーが専用機械を9×で展開していく設定は昔より進歩したようにおもえます安くて良い時計の両社は高級路線での戦略ではお世辞にも上手いとはおもえません技術としてこの先どちらが伸びるかわかりませんが高級路線のマーケティングを見直す必要があるのではないかとおもいますgsはセイコーお得意の種類ごちゃごちゃになってきましたしザシチは商品名もうクロノマスターでいいのではとおもいます高精度でも仕上げ技術が高くてもどこかかっこわるければ売れないとおもいます両社馬鹿にされないようがんばってほしいですザシチズン以下ザシチユーザーの私の目から見てもザシチって商売として成り立っているのか心配になる面が多いですね。20万円以上時計にお金をかけるとなるとやはり人間自慢したくなります。そこでブランド力が求められるわけですがザシチがそれをうまく育てられているかは疑問です。また世間的に電波時計の方が安く、多機能、正確と思われているのも逆風ですね。安く、多機能なのは間違い無いですが…ザシチに限らずシチズンのクォーツ時計は力を確実に付けていると思いますし、私自身には刺さる時計を作っていますが現状のGS並に世間的に認知を得るのはまだまだかかるような気がします。残念ながら、シチズン…しばらく、無いでしょうね…それはGSが上だと言うのではありません。ビジネスマンに必要な要素を詰め込んで、薄く、軽くそして、「正確」が売りの時計です。40万円出して、その「年差数秒」を求める人がどれだけいるのでしょう。「精度」やらに、拘る人はその手前の価格帯に良い物がたくさんあります。今年はまだ、新しいGSを購入していませんが、普通のサラリーマンが気楽に買えそうな?時計を購入しようとは思いません。欲しいのはあまり、人とは被らない時計です。GSを購入される方の大半は、高級時計を楽しみたい人です。それは30万円のクオーツであって、100万円のハイビートだから興味が出るのであって、これが、50万円以下のハイビートで20万円以下のクオーツなら興味はありません。時計を購入するというのは、無駄遣いです。実用性に満ち溢れた時計を適正な値段で購入するのは無駄遣いとは言えません。賢い人の選択です。定価86万円の時計を平行輸入店で135万円で買えた!ステンレスのデイトナを290万円で買った!と喜ぶ、おかしな世界の住人が、この価格帯のメインターゲットなのですから、堅実なモデルであればあるほど、販売本数は伸びません。既に年商においてもシチズンが上で益々差が付くでしょうね。時計だけではなくスイスの有名ブランドや多くの時計工場でシチズンマシナリーの精密機械を使っています。セイコーの機械式はデカ厚ブームをこれ幸いとキャリバーをデカくしても半世紀前から全く進歩は見られません。親父から受け継いだ50年前の61GSは今でも日差2秒以内ステンレスケースにしても正規店でロレックスのASTM904Lに相当するか、それ以上のステンレスもJISにはあるのになぜ使わないのかと言ったこともあります。技術云々以前にクオーツやSDを製造するエプソンがセイコーHDとは資本関係にもなく巨大化し、エプソンも自社ブランドを立ち上げる次第ではセイコーのブランドも信頼できません。そのエプソンにしても事業全体で時計が占める割合が1割足らずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です