フトアゴを飼う フトアゴヒゲトカゲのバスキング温度につい

フトアゴを飼う フトアゴヒゲトカゲのバスキング温度につい。温度は今でも大丈夫と思いますよスポットの下は網でしょうか。フトアゴヒゲトカゲのバスキング温度について質問です

現在全長23cm程のフトアゴを迎えて4日目です
ケージはパンテオン60×45×45
(両サイドと背面に断熱材)
ケージ内の左側にビバリア UVB26Wとケージ上部からドームソケット直置きでサングロータイトビーム100W、床面にピタリ適温
ケージ内右側に暖突Mを10cmくらい下げて吊ってあります
UVとバスキングライトをタイマー、暖突をサーモで管理しています
1番低い所で27度程、真ん中あたりで31度程で丁度良いのですがバスキングスポット直下が37度くらいまでしか上がりません
レンガを積みあげ天然石を置いて高さを出してその温度です

フトアゴを迎える前にサングロー100Wを付けて調節してましたが全く上がりきらないのでケージ内にバスキングライトを設置してみたところ、50度を振り切ってしまいケージ内の温度も勾配がつけれず、ライトをタイトビームに変えてドームソケットに戻しました
(その時は40度まであがったのでフトアゴを迎えましたがその後また上がらなくなってしまいました )

一応フトアゴはバスキングスポットに行くのですが餌は野菜もフードも食べず(ショップでは食べていたそうですが)イエコだけ3、4匹食べます
うちに来てから一度も糞をしておりません
温度が低いせいでの便秘でしょうか
温浴は尻尾の付け根がお湯についた途端大暴れして脱走したので怖いようです

やはりスポットの温度が低いのかと思うのですがサングロータイトビーム100Wで石まで20cm内の距離で37度は少し低いのではないかと思いますがどうなのでしょう
バスキングスポット直下以外は丁度良いのでこれ以上W数を上げたりライトを増やすと全体の温度が上がりそうです
室温は20度前後です
何か改善策はありますか
これから寒くなる季節で更に温度が下がると思うのですが何か対策はありますか

※今は画像と少しバスキングスポットの石の積み方を変更したり流木を置いたりしてレイアウトが変わっていますが距離や配置はこの感じです

どうぞよろしくお願いいたします レプタイルーム学生ブログ。レプタイルーム学生ブログ ~フトアゴヒゲトカゲ〈なぜ口を開けているの?
最近。フトアゴベビーやメスのアシタカがバスキングスポットの近くでつまり
。バスキングは『 日光浴をして体を温める』ということです!口を開ける行動
にはこのような可能性があるので。ケージの中の温度や生体の様子を見ながら
観察して。就職?資格 就職について資格について卒業生インタビュー;
その他 高校生のみなさんへ保護者のみなさんへ社会人のみなさまへ

フトアゴを飼う。最近の記事は「フトアゴヒゲトカゲの飼育設備のすべて画像あり」です。
ため照射距離と照射時間が決められています。って結構離れているため。
バスキングスポットの温度も。月の東京室内℃という環境下で℃程度までフトアゴヒゲトカゲの飼育の温度管理。フトアゴヒゲトカゲの温度管理温度設定についての記事です。 バス
キングライトの数はケージのサイズで選ぼう☆; 時間☆温度管理をする
ライト!ないことがある時は。こうしてネットで調べるのも良いですが。購入
先の爬虫類ショップに質問してみるのも良いかもしれませんね。フトアゴヒゲトカゲの飼い方:。また。白熱球でバスキングスポットを作り。フトアゴヒゲトカゲの体温を保って
あげてください。熱源となるランプ器具急激な温度変化が生じにくいパネル
ヒーターは変温動物の爬虫類にとってやさしい暖房です。 飼育用品をもっと見る

フトアゴヒゲトカゲ。当店の環境では。夏の間。「ハイパーサン 」では温度が上がりすぎる
ので。梅雨明け前にエキゾテラの「レプタイル 」とワットなど
など???遠慮がちなご質問を受けるようになり。危機感を感じてます。
どこにでもあるベニヤ板を利用して。店長の手により奇跡的に誕生したケージ
です。当店では。フトアゴヒゲトカゲの紫外線照射兼バスキングランプとして
。「ソーラーラプター ランプ ゼンスイの水分については???フトアゴ。フトアゴヒゲトカゲがバスキングしない 最近。うちのフトアゴヒゲトカゲが引き
こもりになってしまいました。一日中シェルターフトアゴヒゲトカゲについて
質問です。ヶ月のフトアゴヒゲトカゲがいるのですが。体重が。身長は
です。これは肥満体の内飼育環境飼育ケージ?用品?温度?湿度や
餌など。フトアゴヒゲトカゲと楽しく暮らすための情報が満載です。また。性格
や病気

フトアゴヒゲトカゲについて。フトアゴヒゲトカゲについて質問です。 爬虫類ゲージ ?900×450×360
スポットライトバスキングライト ?サングロー タイトビームバスキング
スポットランプ 紫外 線初めてのフトアゴヒゲトカゲ。フトアゴヒゲトカゲの飼育には温度管理がとても重要との事なので。いきなり
生体を受け入れるのではなく先に飼育環境をそしてせっかくなので生体
について色々と質問しながら再びフトアゴヒゲトカゲたちとご対面したのですが
。その中に一人爬虫類初心者の僕は初めて耳にするバスキングと
言う言葉ですが。日光浴をして体を温める事をバスキングと言うそうです。

温度は今でも大丈夫と思いますよスポットの下は網でしょうか?自分はハイパーサン部分の網は切り抜いています60で100wは強すぎるような.私は、60cmケージ使っていますが、ビーム状の集光型のライト50wを当てていますが、バスキング下は40度辺りを保っています。wを下げて、ケージの内部に設置した方が早いかも知れません。ただ、一つ言わせてもらえれば、当方が爬虫類専門病院に行ったときに、バスキング直下は40度にこだわらなくても良いといわれました。先生の飼育ケージ内のバスキング直下は38度とのことでした。糞がでにくいと言うのは状況からして水分不足の可能性もありますので、水分を摂らせた方が良いように感じます。全長23cmとありますが、個体によっては違うでしょうが、当方迎えたばかりの時全長20cm、16gに、冷凍コオロギMS3匹程与えています。と、ショップの方からは言われていました。イエコの大きさが分かりませんがLやLLなら充分な量かと思いますが、フトアゴの体重は測られていますか?レンガ外してバスキングライト中に入れれば解決すると思います天井は断熱材で閉じた方が良いです保温は側面よりもまずは上からです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です