個人事業税 確定申告について 11月末で退職して今年は職

個人事業税 確定申告について 11月末で退職して今年は職。『原則的には、確定申告を行う「2月16日から3月15日に住んでいる場所」の所轄税務署長に、確定申書告を提出することになります。確定申告について 11月末で退職して今年は職に就かない場合、確定申告が必要だと思うのですが、12月に転居する場合確定申告は転居先で行うという認識で合っていますでしょうか この場合、退職する会社から源泉徴収票を入手して確定申告を行うと思うのですが、気をつけるべきことはありますか 年の途中で退職して就職していない場合でも確定申告は必要。退職金と確定申告について 会社を退職すると。退職金が支給されることが
あります。このとき。「退職所得の受給に関する申告書」退職や転職をした年の年末調整はどのような手続きになりますか。今まで勤務していた会社を年の途中で退職し。月時点で次の会社に入社してい
ないので。「年末調整」はありません。退職した会社で発行された「源泉徴収票
」をもとに。退職した翌年に個人で確定申告が必要です。年の途中で退職し。
その年中に別の会社に転職して月の給与が支給された人は。転職先の会社に。
退職した会社で発行してもらった源泉徴収票を提出個人情報の取り扱い
について

No。大部分の給与所得者はこの年末調整によって所得税の納税が完了しますので。
原則として確定申告の必要はありませんが。年の途中で退職しますと所得税が
納め過ぎになる場合があります。 このうち。中途退職した同じ年に再個人事業税。ただし。所得税の確定申告や住民税の申告をした方は個人の事業税の申告をする
必要はありません。この場合には。それぞれの申告書の「事業税に関する事項」
欄に必要事項を記入してください。 なお。上記に関わらず年の中途で事業を廃止

『原則的には、確定申告を行う「2月16日から3月15日に住んでいる場所」の所轄税務署長に、確定申書告を提出することになります。』参考No.2029 確定申告書の提出先納税地[平成現在法令等]タックスアンサー国税庁ということです。?気をつけるべき事は、『証拠書面を提出すれば』特には無いです。?気になるようでしたら、別途、確定申告と同時に、A4のフリーフォームの上申書を提出して、その事を証拠と共に付記しておきましょう。おそらく、受領印を押して受取り、原則スルーです?国税は以外とサパサパしています。何かあれば電話があったり、変な請求がきたりするくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です