力学運動量 水平面で小 球aを斜めから小 球bにぶつけた

力学運動量 水平面で小 球aを斜めから小 球bにぶつけた。a,bの質量がわかっていて、弾性衝突を仮定し、衝突後のaの速さがわかれば、bの運動は運動量保存とエネルギー保存で決まります。水平面で、小 球aを(斜めから)小 球bにぶつけた時、aが60°方向に跳ね飛んだと言ったらそれだけで方向は決められますか 反発係数。ある物体をある壁に垂直に / の速さでぶつけて / の速さで戻ってきた
とき。 今度は / の速さである物体が高さ から自由落下して水平な床に
衝突し。再び高さ &#; まではね上がったときの反発係数を求めてみます。 床に衝突
する力学運動量。力による力積は質点の運動量変化に等しい力積の 単位は?だか,上式から
運動量と同じ単位?/でもあるが,通常例 静止している質量=の
ゴルフボ ールをクラブで水平と?の角度で上方に打ったところ,初速 度が
/で解 自由落下したとき地面での速さは ==×=? =
⊿ から は 質問 ボールを素手で受け取る場合,手から小球を速度で水平
投射し,同時に小球から水平距離で小球と同じ高さから小球を自由落下させ
たところ,

物理基礎。高校講座 物理基礎 第回 第1編 物体の運動とエネルギー 投げられた物の
運動 ~放物運動~ボールをバネの力で打ち出す投射装置で。高さ156.
5cmの位置から水平に打ち出してみます。 ボールを打ち出す力は。バネの
同じ高さで見ると。ボールが上がるときも落ちるときも矢印の長さは同じなので
。それぞれの瞬間の速さは同じです。 ただし。上昇しこの装置から打ち出した
球と落下する的の運動を。一定の時間ごとに止めて見てみましょう上図。
発射台と的を

a,bの質量がわかっていて、弾性衝突を仮定し、衝突後のaの速さがわかれば、bの運動は運動量保存とエネルギー保存で決まります。運動量保存とエネルギー保存で2つ方程式が得られるので、未知数が2つであれば解けるということです。上の場合は、衝突後のbの速さと方向が2つの未知数となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です