外様大名40家1戦国大名の誕生 なぜ戦国大名という存在が

外様大名40家1戦国大名の誕生 なぜ戦国大名という存在が。室町幕府は守護領国制でしたね、力のある者は一族、家臣を派遣して、これを守護代としました、しかし肝心の幕府が近畿で混迷を深めると、地方でも守護職にある者を打倒し追い出して、実力で国や郡を経営する者も現れます、これが下克上です、彼等は勝手に領国を拡げ始め、名前が知れ渡り戦国大名になります。なぜ戦国大名という存在が生まれたのですか 外様大名40家1戦国大名の誕生。戦国大名の誕生 平安時代後期。軍事階級としての「武士」が生まれた。 自衛
手段を必要としたそれ以前には。「どのくらいの勢力がある」から大名。
という区分は存在しない。あくまで「周囲の武家と比較して大きい力をそもそも。戦国時代には。群雄が割拠していたわけだが。それでも一応は統一国家の中央
政府として室町幕府が存在していたし。朝廷も健在だった。そこから日本全土
を統治していることになっていたが。実際は。各地に守護という地方官を置き。
その守護がそれぞれの土地の有力武士を通じて。統治していた。ただ。少し
ネットで探せばすぐに出てきそうな内容の薄さがあったのが残念です。守護
大名の多くが戦国大名になれなかった理由は?忍者が伊賀で生まれた本当の
理由とは?

戦国大名はなぜ名前を何度も変えるの。最初のあるある疑問は。「どうして。戦国大名って一人でいくつも名前を持っ
てるの?」である。次に。生まれてからつけられる名前が「幼名ようめい。
ようみょう」。一般的には。成人一方で。残る天下人てんかびとの徳川
家康はというと。源氏の系譜だと称していたという。この考えを体現したもの
が明智光秀の「本能寺の変」ではないかとする論文も存在する。5分でわかる「戦国大名」誕生した経緯は。戦国時代にそれぞれの土地を独自に支配していた「戦国大名」たちは。よく大河
ドラマに取り上げられるほど日本史のなかでも人気のコンテンツだな。しかし
。なぜ格下のものたちが力を持ち。格上のものたちと戦えるようになったの
でしょうか?そもそも。どうして戦国大名という存在が許されるようになった
のでしょう?足利尊氏が京都に室町幕府を開いて始まった時代です。そんな
なか。実力で守護大名を倒して成り代わったりする「下剋上」の風潮が生まれ
ていった。

室町幕府は守護領国制でしたね、力のある者は一族、家臣を派遣して、これを守護代としました、しかし肝心の幕府が近畿で混迷を深めると、地方でも守護職にある者を打倒し追い出して、実力で国や郡を経営する者も現れます、これが下克上です、彼等は勝手に領国を拡げ始め、名前が知れ渡り戦国大名になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です