市政モニター 自衛隊やアメリカ軍の施設の近くに住んでいる

市政モニター 自衛隊やアメリカ軍の施設の近くに住んでいる。以前浜松に住んでいたときに空自の浜松基地の近くに住んでました。自衛隊やアメリカ軍の施設の近くに住んでいる人って、うるさいとか思う事もあるかもしれませんが、ミリタリーな動画を撮影して、Youtubeにアップすればいっぱい見られていいですよね 動画を撮影しなくても、軍事的なものを間近で見られて羨ましいです

僕の場合、航空自衛隊の戦闘機を見たいなと思っても、基地が遠すぎてお金が無いので見に行けません 市政モニター。佐賀の空には軍用機は似合いません。歳の子でさえそう思うのですから。今。
住んでいる人やこれから住もうと思っていた人だって。オスプレイを契機に
例え自衛隊による利用だとしても。米軍利用の布石となる可能性を否定できない
。基地に関する補助金等について。基地交付金は。米軍や自衛隊の施設が市町村の区域内に広大な面積を占め。かつ
。これらの施設が所在することによって市町村の財政に著しい影響を及ぼして
いることを考慮して。固定資産税の代替的性格を基本としながら。これらの施設

南林間駅の街レビュー。飛行機の音がうるさすぎる。近くに自衛隊の基地や米軍基地がおるため。平日は
朝から夜遅くまで飛行機が近くを飛んでおり。夜など…普段の買い物は安い
スーパーから大型の量販店なども揃っているので住みやすいところです。基地周辺住民の皆様へ。北関東防衛局は。防衛施設と周辺地域との調和を図るため。防音工事の助成や
移転補償等の様々な施策を行っています。住宅防音工事の助成自衛隊?米軍の
飛行場周辺で航空機騒音が著しい地域の方に。住宅防音工事の概要。対象。
手続き

以前浜松に住んでいたときに空自の浜松基地の近くに住んでました。私が住んでいたアパートの斜め頭上が進入路になっていたので、毎日AWACSやT-4を見てましたし、毎年10月の航空祭前後には百里のF-15米軍の三沢や岩国、厚木から来たF-16やF/A-18なども自分のアパートの前の道に出れば間近に見ることも出来ました。そんな環境ですから、空自の飛行機が飛んでいようが米軍の飛行機が飛んでこようが当たり前の風景ですので何とも思いませんでしたね。強いて言うならF-15,16,F/A-18やEA-6辺りがが来ると「うるせぇな」「やつらにくらべりゃ普段見慣れてるT-4やAWACSはよっぽど静かだわ」くらいしか感じませんでしたね。未だに伝説になっているF/A-18の離陸直後の垂直上昇なども航空祭でリアルで見てますし。基地の近くに住んでる人なんて所詮その程度しか考えてませんよ。当たり前すぎてなんとも思いません。あの頃は暇な休日などは時間を持て余して「行くとこ無いからエアパークにでも行くか。受付のねーちゃんは新しい子でも入ったかな?」くらいでしたね。↓Amazing take off ! F-18 伝説のテイクオフ 93年浜松基地航空祭 VMFA-115VE-02これくらいやってくれたら「おー!スゲー!」になりますが。そりゃあ山や海が好きな人にとっては田舎の人はうらやましいだろうし街が好きな人は都会の人をうらやましいと思うのと同じではほどほどの距離が一番やで?朝や夜中に飛行機のエンジン音でうるさいとか、最初はいいかもしれんけどいずれ負担になる。好きで観るだけなら5㎞10㎞くらいの距離がいい。それくらいなら離れてたってすぐに観に行けるからなそして毎日観てるといずれ飽きる。プリウスやアクアを道で毎日観てると何も感じなくなるのと同じ。基地つったって配備されてる戦闘機は1か2機種しかいないしね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です