弁護士の仕事 弁護士の仕事について疑問ですなぜ弁護士とい

弁護士の仕事 弁護士の仕事について疑問ですなぜ弁護士とい。弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とします弁護士法1条1項。弁護士の仕事について疑問です
なぜ弁護士という仕事があるのでしょうか 犯人ではない人を冤罪から守るためですか 冤罪の確率なんてそう知れてます 冤罪のためだけにあるのでしょうか 素人の私からすると弁護士の仕事は犯人のいわば言い訳の代理人な気がします
離婚などの時も弁護士という人が付きますが、違法というより犯罪などを犯した時に法廷に立つ弁護士の仕事の意義を教えてください なぜ悪い人を弁護するの。当事務所は。依頼者に対し。「法律事務所として最高?最良の仕事を提供する
こと」を事務所理念としております。会社法務一般ですが,これは居酒屋で
飲んでいる弁護士が聞かれる質問トップ3に入る質問ではないでしょうか。です
ので,おそらく,この事件についてマスコミ報道があったとしたら,マスコミ
はAさんが犯人と考えられるという報道をしたと思います。 しかし,

弁護士の仕事はなぜ遅いのか。だから。弁護士に依頼して裁判をする気になれない。という方もいらっしゃるで
しょう。 ここでは。弁護士の仕事が遅い理由。について述べることにします。
効率よく処理することに。ぜんぜん無頓着な弁護士って。実は多いんです。なぜ弁護士は凶悪犯を弁護するのか。後者については,犯人への誹謗中傷だけでなく,その刑事弁護を担当する刑事
弁護人や,ひいては弁護士一般に対して「という疑問がぶつけられることが
よくあります。 「人権を守るため」とか「それが仕事だから」と答えることは
容易いし,それはそれで正解なのですが,このコラムではもう少し弁護士の仕事。弁護士の仕事について弁護士のドラマで扱われるのは,主に刑事事件,
ときどき少年事件,離婚事件ですが,ドラマで出てくる刑事事件?少年普段の
民事裁判期日は,書面のやりとりをするだけですが,裁判所で,証人や本人の話
を聞く「尋問期日」というものがあります。なぜかというと,弁護士の能力は
主として「文章力」にあり,調停,裁判など「法的な」手続きを利用するから
こそ,その

ちょっとウンチク:弁護士の仕事なぜ多様化。て聞いたわ。弁護士といえば。かつては裁判所や法律事務所などで仕事をして
いるイメージが強かったけど。どうしてなのかな。多様化している弁護士の仕事
の状況や背景について藤井智子さんと酒井あすか…[ページ目]
ニッキィの大疑問 ――インハウス弁護士は今後も増えそうですか。開運効果
があるという「吉方位」旅行にはまっている。年の自分の吉方位は「北東」
。「遠いQ5.弁護士はなぜ悪い人を弁護するのでしょうか1。そして。そんな人に弁護人がつくと。「なぜ悪いことをやった人に弁護士がつく
のだろう?」と疑問に思う人もいるようです。たとえその人が多くの人から
犯人だと思われていても。本当は間違いであったという場合はあるのです。 無実

日本弁護士連合会:弁護士の使命と役割。弁護士は。これらの事件について。法律相談。和解?示談交渉。訴訟活動や行政
庁に対する不服申立てといった法律事務などを行っています。 「人の争いごとに
どうして弁護士が関わるの?」 こんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれ

弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とします弁護士法1条1項。弁護士は悪い奴の味方だ、という考え方をせず、何のために法律が必要なのかという観点から考えたほうがよいと思います。弁護士の仕事は犯罪者の味方をして法廷でウソをつき、証拠を隠蔽して被害者を泣き寝入りさせることです。これは一部の悪徳弁護士がやっているのではなく、全ての弁護士がやっている普通の仕事です。日本の法廷にはウソがはびこっている 例の炎上したマンガ 普通の日本人ならなぜそんな被害者を泣き寝入りさせて犯罪者を野放しにするような国家資格が存在するのか不思議に思うでしょう。なぜそうなっているのかというと、日本の今の法律は明治と戦後に欧米に自分達の国と同じ法律を押し付けられたものであり、欧米の法律は「悪人を許しなさいアーメン」「全能の神ではないただの人の集まりにすぎない国が人を裁いてはならない」というキリスト教の教義と「国家権力が強くなると必ず魔女狩りが起こるからできる限り弱体化させて、厳しく監視しなければならない」という人権思想という考え方に沿って作られているからです。「悪を許さない」「被害者がかわいそう」という正義や道徳は何よりも大事な当たり前のものでもちろん法律にも反映されているに違いないと日本人は思っていると思いますが、人権思想はそんな正義や道徳よりも個人の国家からの独立の方が大事だと考える恐ろしいカルト思想なのです。キリスト教と人権思想の考え方に沿って作られた現行法には犯罪者を守るための法律規定はたくさんあるので弁護士は犯罪者を守るほうが簡単です。黙秘権、身体刑の禁止、拷問の禁止、時効、自白を証拠にしてはならない、疑わしきは被告人の利益、十人の真犯人を逃すとも一人の無辜を罰するなかれ等、学校では進歩したすぐれた制度として教わりますが、実際に事件に巻き込まれてみるとそれが被害者の救済を甚だ困難にし、ただ犯罪者を野放しにするだけで日本人が望む社会正義と相反するものであるということが分かると思います。弁護士は「国の捜査権や処罰権を拡大したら魔女狩りや初夜権や異端尋問や奴隷売買やポグロムやユダヤ人迫害やスターリン時代の粛清や日系人強制収容やインディアン虐殺やタスマニア原住民族絶滅が復活する」と言いますが、そんなことをするのは遺伝的に残酷で道徳性が欠ける白人だけです。魔女狩りは中世のような昔々の出来事ではなく、欧米ではつい最近までありました。江戸時代以前の日本に似たような出来事はありません。白人はなにかあるとすぐパニック『集団ヒステリー』という白人特有の精神状態に陥り暴動を起こし、戦場では大の男が大声で泣きわめくそうです。ジルドレやエリザベートバートリのような自国領民を大量殺戮する為政者は日本はもちろん中国モンゴルにもいません。中国三大悪女と言われる呂后や西太后は政敵を数人殺しただけなので白人基準で言うと聖人君子のようなものです。戦時中の日系人強制収容やユーゴスラビアの民族浄化も魔女狩りの一種なので、魔女狩りは現代でも白人が少し混乱状態になると起こしてしまう民族病のようなものと言えるかもしれません。ヨーロッパで被差別民族だったユダヤ人はペストが流行ると「ユダヤ人が毒を撒いたに違いない!」と証拠もない冤罪で死刑にされたり、「キリスト教に改宗すれば許してやる。」と言われて改宗したユダヤ人に対して「内心ではキリスト教を信じてないに違いない」と言いがかりで死刑にされたりしていました。ちなみに昔の日本で伝染病が流行った場合は「不遇な目に合った人の祟りに違いない!」ということになって速やかに対象者の名誉回復措置がなされ、怒りを鎮めるための盛大な祭りが行われます。上の「黙秘権?疑わしきは被告人の利益」までの過度なまでの犯罪者の保護規定や、弁護士制度、思想良心の自由、信教の自由、ヨーロッパの死刑廃止などの「人権」は今や世界一の金持ちとなって法律に口を出せる立場になったユダヤ人が二度と「人間」扱いされない迫害される立場に戻りたくないという執念の結晶でもあります。しかし単一民族国家の日本で支配者被支配者の対立があるわけもなく、魔女狩りやユダヤ人迫害など、言いがかりで民衆を逮捕、虐殺する白人のように残虐な為政者はいなかったので、過剰な犯罪者の保護規定人権規定の押し付けはただ犯罪者を捕まえるのが困難になるだけで迷惑な話です。ヨーロッパだけで勝手にやってればいいことです。二度と迫害されたくないユダヤ人はその支配する金融とメディアの力を使って世界中で王政を打倒し、道徳を荒廃させ、移民を推進して拝金主義、グローバリズムに世論を誘導しようと策動しているという噂もあります。弁護士を擁護する人は「弁護士は人権を守る大切な仕事だ!」と言います。人権とは学校で「人間が人間として当然に持っている権利」と意味不明な説明をおぼえさせられ、文字的にも人間の権利と読めるのでよく分からないけどなにか人間愛にあふれるようないいものなのかと錯覚している人も多いと思いますが、ちなみにこの説明も「国に与えられたのではなく神が個人に与えたものだ」というキリスト教の宗教観が元になっています人権とは国権に対する概念で「個人主に犯罪者が国家権力警察などから害を与えられない権利」のことです。憲法 第99条天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ↑憲法人権を守るのは国民ではなく公務員だけ世間ではいじめや虐待を人権侵害と言うこともあるので人権を「他人から害を与えられない権利」だと勘違いしている人がたくさんいますが、いじめや虐待の加害者は国ではなく一般人なのでその人権?は法律用語の「人権」とは実は何の関係もありません。いじめや虐待を人権侵害と言って小学生に人権作文のテーマとして書かせるのは人権派が人権という言葉から犯罪者擁護のイメージをカモフラージュし、人権がいいものだと何も知らない学生を騙すためのウソの洗脳工作活動なのです。現実に犯罪者の自由権が憲法で守られているのに対し、いじめや虐待被害者を守る法律、制度は何もありません。言わば学校教育を利用して国民にウソの洗脳をしているわけで、弁護士はそんなことはもちろん知っているわけですが、弁護士もその洗脳の利益を受ける側なので一緒になって国民を騙しているのです。よく「犯罪者の人権と被害者の人権のどっちが大事なんだ!」という人がいますが被害者の権利を「人権」とは言いません。人権の中の「社会権」の説明に「人間らしく幸せに生きる権利」というものがありますが、それは具体的には生活保護や図書館を利用する権利などのことで、「いじめや犯罪被害にあわず幸せに生きる権利」ではありません。つまり人権とはあくまでも「犯罪者容疑者の自由権」が本体本質であり、国家は魔女狩りや初夜権や異端尋問を行うような何の道徳性もない暴力装置でしかないという個人主義のキリスト教国で残虐な白人がいない日本には必要がない「自分さえよければ他人がどうなろうが構わない」というようなろくでもないもので、それを守る弁護士も日本には必要がない仕事です。「国や法律に道徳性を求めるほうがおかしい」とすらうそぶく人権思想、西洋法学に支配された現代は我々日本人にとって天道も仏法も絶えた魔王に世界征服された後の世界と言っても過言ではないでしょう。白人とキリスト教と人権思想を日本から駆逐しない限り日本に正義道徳が戻ることはありません。人権思想を日本から排斥するには神道仏教儒教武士道などの日本の考え方が力を取り戻す必要があります。論語、孟子、大学、韓非子を読んで東洋思想を勉強し、理論武装しておきましょう。この4冊の本を読めば弁護士を論破できます。修身斉家治国平天下『大学』信賞必罰『韓非子』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です