新着記事一覧 [至急]源氏物語の藤壺の宮の入内の切に隠れ

新着記事一覧 [至急]源氏物語の藤壺の宮の入内の切に隠れ。直訳は概ねあっていると思います。[至急]源氏物語の藤壺の宮の入内の、「切に隠れ給へど、おのづから漏り見奉る 」について質問です
この文の直訳は「藤壺は一生懸命隠れなさるが、光源氏は自然と漏れて見申し上げる 」とし たのですが、合っているか不安なので見てほしいです
また、なぜ藤壺は姿を隠したのか、光源氏は何を見たのかいまいち文章の背景が分からないので教えてほしいです
お礼は50枚付けさせていただきました よろしくお願いします源氏物語。うちおとなび給へるに。 皆多少若い盛りを過ぎていらっしゃったが。 いと若う
うつくしげにて。 藤壺の宮は本当に若く可愛らしいご様子で。 切に隠れ給へど
。 懸命にお隠れになるが。 おのづから漏り見奉る。 光源氏は自然と物の隙間

源氏物語「藤壺の入内」原文と現代語訳?解説?問題。今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語げんじものがたりの中から
「藤壺の入内ふじつぼのじゅだい」について詳しく解説して […]にいとめでた
けれど。うち大人び給へるに。いと若ううつくしげにて。せちに隠れ給へど。お
のづから漏り見奉る*。この上なく心をお寄せ申しあげなさっているので。
弘徽殿女御は。また。この藤壺の宮ともお仲がしっくりしない新着記事一覧。私訳?源氏物語の全記事中ページ目-件の新着記事一覧
ページ御方には。桐壺帝との間に御子がおいでになりませんので。院が御隠れ
あそば興味深い事にそのように辛辣な表現は。朝顔の斎院や藤壺の宮について
も見がございますので。女御ではなく尚侍という官職として入内せねばなら
なかっ

源氏物語『桐壷?藤壺の入内源氏の君は。源氏物語『藤壺の入内』 このテキストでは。源氏物語の桐壷の章『藤壺の入内』
源氏の君は。御あたり去り給はぬ書籍によっては『藤壺の宮の入内』とする
ものもあるようです。にいとめでたけれど。うち大人び給へるに。いと若う
うつくしげにて。せちに隠れ給へど。おのづから漏り見奉る。源氏物語『藤壺の入内』現代語訳12。解説?品詞分解はこちら源氏物語『藤壺の入内』解説?品詞分解1 源氏の君
は。御あたり去り給はぬを。 源氏の君は。いと若ううつくしげにて。 切せ
ちに隠れ給へど。おのづから漏り見 奉たてまつる。 藤壺はたいそう
若くかわいらしくて。しきりにお隠れになるけれど。光源氏は藤壺の姿を
自然とお見かけする。 母御息所この上なく心を寄せ申し上げなさっているので
。弘徽殿の女御は。また。この藤壺の宮ともお仲がよろしくないので。

直訳は概ねあっていると思います。ちょっと補足するならば、「藤壺の宮は一生懸命隠れなさるが、藤壺の宮の姿は自然と物の隙間から漏れて、光源氏はその姿を拝見する。」*「見奉る」は見る+謙譲語の意味なので、「見申し上げる」より、「拝見する」の方が現代語的には自然だと思います。○藤壺の宮が姿を隠す理由平安時代の高貴な女性は現代の我々と違い、夫以外の男性に姿を見られることは恥であるとされてました。声すらもほとんど聴かせずお付きの女房身の回りの世話をする人が仲介します。手紙でさえも最初は女房の代筆が普通でした。なので、扇や御簾すだれのようなもので顔を隠し、それ越しに会うのが普通です。この場面でも桐壺帝の女御後に中宮となるとして入内した、高貴な女性であり、初めて光源氏と会うので顔を隠しています。○光源氏が何を見たか藤壺の宮が隠そうとしている彼女の姿特に顔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です