演劇の実績紹介 演劇の大道具舞台装置について私は演劇部に

演劇の実績紹介 演劇の大道具舞台装置について私は演劇部に。サイズ的には3×6尺の平台を3枚、長辺方向に並べると900x5400909x5454になるので、サイズ的には合うでしょう。演劇の大道具、舞台装置について

私は演劇部に所属しており、今度の劇では舞台美術を担当します そこで、高さ70cm、幅1m程度、長さが5mの台を用意して欲しいと演出に頼まれました この台は、最大で四人が同時に 上に乗り、かつ簡単な殺陣を行うもののため、耐久性が求められます また、長さは250cm 250cmなどで、分割しても問題ありません

予算が15000円程度でしたので、一般的なステージレンタルは使用できず、木材で自作を試みていたのですが、予算以内に収まる設計図を持ってホームセンターの方に相談したら、「間違いなく折れる」と言われてしまい、この先述した耐久性の条件を満たすには70000円は必要とのことでした

ここからが本題なのですが、上の条件を満たす台を用意する良い案が思いつかず困っております 格安でレンタルしていただける企業など、ご存知でしたら教えていただきたいです

東京都近辺ですと幸いです よろしくお願いします 演劇の大道具舞台装置について私は演劇部に所属しの画像。

演劇部。アピール。, 演劇をもっと学びたい。照明?音響などのスタッフをやりたい。舞台
美術や大道具などモノづくりをしたい。部員全員で楽しく。時に悩み演劇部は
9月27日日に所沢市中央公民館にて秋季地区発表会に参加してきました。
2019年度演劇部新人公演についてお知らせいたします。用語集。即興演奏の事や演劇などの台本に書かれていない即興的なせりふや動作のことを
いいます。①舞台全体に飾り込んだ舞台装置のことをいい。一つの演目の全幕
を一つのセットで上演する場合にこういいます。また。所属劇団。
プロダクションや分野などが違う出演者が同じ舞台に出演する場合に「異色の
顔合わせ」といったりします。歌舞伎舞台で俳優の動作に伴う音を誇張する
ために。大道具方が上手袖の床に「付板」を置き。拍子木で打つ「つけ音」の
ことで。それを「陰

演劇部との関わり。私市函美術部顧問が副顧問として所属している市立函館高校演劇部ですが。現在
岩手県は北上市さくらホールにて開催されている全国高校演劇春フェスに参加し
ています。ここは美術部のブログですが。美術部は演劇部の大道具制作にも
携わってますし。ま。私も出てるんで笑せっかくなので今回の全国春本番に
向けて。このメンバーでやる最後の舞台に向けて。とにかくみんな一生懸命です
。演劇の実績紹介。現場での照明デザイナーとの協調により表現を深め。さらに。舞台監督はじめ
演出部の皆さんとともに。舞台転換をスムーズに展開していくための共同作業が
進められました。 ヘッダ?ガブラー 作 ヘンリック?イプセン / 演出 栗山民也 /
美術

表現学科。演劇集団「円」に所属し。舞台への出演や。海外のドラマ?アニメの吹き替えに
参加しています。在学中はミュージカルやジャズダンス。バレエなどの授業
を通して。舞台の上やマイクの前で自由に演じる楽しさを知りまし

サイズ的には3×6尺の平台を3枚、長辺方向に並べると900x5400909x5454になるので、サイズ的には合うでしょう。高さが70cm程度だと箱馬では無理で、2×4材などでしっかりとした木脚を組み必要があります。12F3650mmの2×4材で約1000円として、上げの脚の分だけなら2本買えば足ります。垂直荷重だけなら十分です。しかし補強等も入れないと意味がないので、抜き板や垂木等で筋交いをつくるなど相当な補強が必要になります。まして激しく動くのであれば、それぞれの平台をがっちり固定するためのシャコ万力が、各連結部に最低2個は必要でしょう。木材もインパクトドライバーで打ち込まないと、釘だけではやや不安が残ります。まず、天板面だけで十分な耐久性を持っている必要があります。イチから製作をすると金額も手間も非常にかかるため、舞台用ならば平台を使うのが無難です。そこに、荷重が支えられ転倒しない脚をつければ良いのです。しかしそれでも、脚の材料費と平台レンタルで1.5万円は厳しいでしょうね。公共ホールの備品ならばもう少し安価に済むかもしれませんが。そして運搬はどうするのでしょうか?そして、90cm幅での殺陣はそれなりに危険が伴います。というか人の左右入れ替わりはできないと思った方が良いです。それでもやりますか…?プロの劇団でも70センチの高さで、上に乗ってしかも殺陣までするとなったら、金属製の頑丈な建造物単に大道具と言えるレベルでは無いを、外注の鉄工所等に依頼して造りますよ。単なる思い付きですが、リサイクルショップの家具で適当なものを見てよいのがあればそれを補強するとかではいけないでしょうか。殺陣経験者から言うと、その高さ幅でやるのは無謀です。素人が、しかも部で、怪我のリスクがあるにも関わらずやるのは無謀でしかありません。見た目などを考えたのかもしれませんが、安全第一です。ホームセンターのプロの意見も添えて、考え直しを提案すべきです。殺陣だけでなく、全てに言えますが、演劇はお客様を楽しませる事が第一。が、ケガのリスクを背負ってまでやる意味はありません。演出の自己満足の為に、部員を犠牲にする必要はない。平台と箱馬で組めばいいのでは。木工で作ろうとすると、天板のベニヤが15㎜は必要だから、天板だけで予算オーバーですね。平台などをレンタルするのが一番よいと思います。サイズの違いは許容してもらえないのでしょうか。高さ70センチなんて結構ですしそこで殺陣なんて運が悪いと死傷者も出て危険です。いっそ八百屋舞台はどうですかとお願いしたらどうですか?八百屋舞台=傾斜につくる舞台でこれなら予算も十分いけますし△のほうが安定性はでます。小劇場などでは今でも八百屋舞台をいかした演出ありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です