焦点:参院選後の安倍首相 もし参院選で自民党などの改憲派

焦点:参院選後の安倍首相 もし参院選で自民党などの改憲派。国民投票は一度で終わるものではありません。もし、参院選で自民党などの改憲派が勝ち、 憲法改正案が衆参で可決したとしても、 国民投票で過半数を、取れると思いますか 図解?政治参院選2019?主要政党の憲法改正姿勢2019年7月。これに対し。主要野党は「安倍改憲」への反対を鮮明にし。与党の公明党も慎重
姿勢が色濃い。 自民党は改憲を「結党以来の党是」とし。9条への自衛隊明記
など4項目の党改憲案を列挙。その上で「衆参の憲法審査会で。焦点:参院選後の安倍首相。[東京 22日 ロイター] – 第25回参議院議員選挙の結果は。自民?公明の与党
が改選過半数の63議席を大きく上回る71議席を獲得して「国政選挙6連勝」
を飾った。一方で。改憲勢力は参院全体の3分の2を

安倍晋三政権と「憲法改正国民投票法」の成立。後述するように。当該法律の成立過程において。来る2007年 7月の参議院
選挙にむけて。法案を「政局」の道具とみなした安倍首相と。安 倍首相の一連の
動きを受けて法案審議を強硬な対決姿勢に転換させた民主党の 小沢一郎代表とが
。首相「3分の2が賛同の憲法改正案を」。安倍晋三首相自民党総裁は22日。参院選を終えて党本部で記者会見し。
野党に憲法改正の具体案づくりに向けた協議入りを呼びかけた。9条への自衛隊
明記を含む自民案について「最善と考えるが。とらわれること…

国民投票は一度で終わるものではありません。選挙ごとに憲法改正するまで何度でもやればいいのです。それが、正義です。ーー憲法に国際紛争を解決する方法としての交戦権は之を所持しないと有り この辺を修正するのではと思いますーー 簡単に言いますと武力により占領されてもーー何もできないのですーー自民改憲案:9条、73条、64条、47条、92条、26条、86条国民投票で勝てると思わないと発議しないと思います。第9条の2第1項前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。第2項自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。※第9条全体を維持した上で、その次に追加第73条の2第1項大地震その他の異常かつ大規模な災害により、国会による法律の制定を待ついとまがないと認める特別の事情があるときは、内閣は、法律で定めるところにより、国民の生命、身体及び財産を保護するため、政令を制定することができる。第2項内閣は、前項の政令を制定したときは、法律で定めるところにより、速やかに国会の承認を求めなければならない。※内閣の事務を定める第73条の次に追加第64条の2 大地震その他の異常かつ大規模な災害により、衆議院議員の総選挙又は参議院議員の通常選挙の適正な実施が困難であると認めるときは、国会は、法律で定めるところにより、各議院の出席議員の3分の2以上の多数で、その任期の特例を定めることができる。 ※国会の章の末尾に特例規定として追加第47条両議院の議員の選挙について、選挙区を設けるときは、人口を基本とし、行政区画、地域的な一体性、地勢等を総合的に勘案して、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定めるものとする。参議院議員の全部又は一部の選挙について、広域の地方公共団体のそれぞれの区域を選挙区とする場合には、改選ごとに各選挙区において少なくとも1人を選挙すべきものとすることができる。前項に定めるもののほか、選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。第92条地方公共団体は、基礎的な地方公共団体及びこれを包括する広域の地方公共団体とすることを基本とし、その種類並びに組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める。第26条第1、2項は現行のまま第3項国は、教育が国民一人一人の人格の完成を目指し、その幸福の追求に欠くことのできないものであり、かつ、国の未来を切り拓く上で極めて重要な役割を担うものであることに鑑み、各個人の経済的理由にかかわらず教育を受ける機会を確保することを含め、教育環境の整備に努めなければならない。第89条公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の監督が及ばない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。その「憲法改正案」の内容がわからないとなんとも???現状政党による私案はあっても国会として国民に提示する「憲法改正案」が存在しません。この段階で国民の判断がどうかと言われても答えようが無いのではないでしょうか?内容次第かと。国会でどう修正されるか、そもそもどういった内容で発議されるかも正確には決まってないのに判断する方法すらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です