焦点:参院選 参院選では消費税や年金問題が争点になってい

焦点:参院選 参院選では消費税や年金問題が争点になってい。立民や国民の方がいうには「野田が勝手にやったこと」らしいです。参院選では消費税や年金問題が争点になっています

https://www3 nhk or jp/news/html/20190705/k10011982951000 html
消費税10パーセント法制化を成し遂げた旧民主党の流れを汲む現野党がそれと矛盾する公約を掲げる

https://www jiji com/jc/graphics p=ve_pol_zeisei20160601j 04 w440

理由を教えてください

また、「ミスター年金」が「ミスター年金破壊」に変身した経緯

https://88moshi hatenablog com/entry/2019/01/23/101846

に口を拭ってる理由についても、教えてくださいませんでしょうか 参院選。第回参院選は日。投開票される。日間にわたる選挙戦は年金や憲法改正。
月の消費税増税などが論点になった。年月の発足から年半以上続く
安倍政権が再び信任されるかどうかが問われる。自民。公明両党

平成16年の国会の動き。審議の過程においては。閣僚や国会議員の国民年金未加入?保険料未納問題が
明らかとなり。その対応を巡り与野党の対立が深まった。このような状況の中。
同月日。同委員会において。野党が欠席する中。内閣提出の年金制度改革関連
法案焦点:参院選。[東京 2日 ロイター] – 令和時代に入って最初の国政選挙となる参院選が4日
公示され。21日の投開票日に向けて選挙戦が展開される。与野党の主張が対立
しているのは。10月から実施される消費増税。与党は引き上げ政治に興味ありますか。は。ソーシャル上の生活者データを集計して。世の中の傾向や
消費者意見を見つけだすソーシャルリスニングツールです。今回は年月
日に投票日を迎える参議院選挙について分析していきま

年金や消費増税も中途半端。参院選の投開票日が間近に迫ってきた。しかし。今回の選挙は盛り上がりに
欠けるという印象を多くの人が感じているようだ。その理由は明らかで。「争点
」が見えないからだ。その背景は何か。憲法改正?年金?消費増税。4日公示された参院選は。消費増税や憲法改正の是非をめぐり。与野党の主張が
激突する構図となった。金融庁の審議会報告書が提起した「老後不安問題」も。
大きな争点となりそうだ。安倍政権の外交姿勢や。経済の足…衆議院?参議院。同時に野党の再編が一気に進み。民進党は分裂し。希望の党と立憲民主党が設立
。安倍政権の継続の是非を争点に。自民?公明の与党。希望?維新。共産?立民
?社民をそれぞれ中心とする

立民や国民の方がいうには「野田が勝手にやったこと」らしいです。現に野田グループは野党からハギレっ子にされています。立民党民主の後継ですか10の廃止は言っていません無期限繰り下げと思いますですから理屈では矛盾しません増税と減税がセットだった過去と違い増税と社会保障がセットになっています社会保障を緊縮財政で賄うより税化にしたということですこのときに低所得者向けに3党合意にはないですが給付付き税額控除を民主党として主張しています増える消費税の再配分ですこれがないから立民党党首ははらいせに8だといっているわけです自公は商品券にまっしぐらでのりきるわけですなお予算を食う官僚制は安泰です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です