特集:このままでいいのか 海にあるこの構造物は何ですか

特集:このままでいいのか 海にあるこの構造物は何ですか 。航空機管制に関係するもののはずだけど。海にあるこの構造物は何ですか 防潮堤から目視できる距離に、黄色い構造物が顔をのぞかせています 何のためのものでしょうか 国土崩壊。国土崩壊 -「土堤原則」の大罪- 株式会社技研製作所の公式ウェブサイト
です。例えば。河川堤防や海岸防潮堤等は。水や波を制御するために構築する
のであって重要度は大きい。国の造った責任構造物である防災構造物が崩壊
することは重大なことであり。はっきりとした崩壊の理由を挙げ責任の所在を
明らかにしなくてはならない。有史以来の災害の記録を基に。最先端の科学
技術を駆使して防ぎ切れないものは仕方がないが。想定ができる時代であり。
また。想定を特集:このままでいいのか。防潮堤のような巨大な海岸構造物に頼らない防災計画?まちづくりは可能なので
しょうか。調査し。その到達ラインから。~mほどの標準距離と。建物の
耐用年数に見合った砂浜の自然浸食距離を合計した距離の自然を残し。防災に
配慮したまちづくりを実現したこの事例には。日本も学ぶべき点がたくさんが
あるでしょう。地域の利益とは何か。住民自身が考え。覚悟を決めていく過程
が必要なのです。地名からも土地の特徴を見出すことができる。

航空機管制に関係するもののはずだけど。管制所が近くにない?うちの海にも5塔くらい立ってるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です