第197回国会 入管難民法改正 日本の移民受け入れについ

第197回国会 入管難民法改正 日本の移民受け入れについ。今の法案は次期尚早で、少子高齢化が進んでいたり、人手不足というが、本来的にやることをやっていないで、外国人受け入れるには問題が山住。入管難民法改正 日本の移民受け入れについて

もうご存知とは思いますが、今の国会で入管難民法改正が審議されています 国民の関心も非常に高いようで、各局のニュースショーなどでは大きく扱われています

質問はズバリ 賛成ですか反対ですか

入管難民法改正は、首相は「移民ではない」と言っていますが、国際的なImmigrationの定義では、この法律が定義する外国人労働者は、完全な移民になります
これはどうみても移民受け入れに道を開くものです

私は、今の日本の現状からみると、仕方ないものとは思っています 周囲から聞こえるのは、たとえば施設の建替えを考えていても、業者から人がいないという理由で断られる 建替えが出来ない、という声などなど

一方で、ここでボタンを掛け違えると、今後千年にわたって、日本に民族?宗教?人種の対立を持ち込んでしまう結果にもなりかねない

皆さんのご意見は

入管難民法、移民、日本、移民受け入れ、難民、Immigration、外国人労働者、人手不足、人手不足倒産、民族、宗教、人種、対立、入管難民法改正。いずれかを含む。入管難民法改正 日本の移民受け入れについて もう

日本はすでに「移民大国」。移民大国?日本」の明日を考える手がかりに。日本に暮らす外国人の実情。日本
の外国人受け入れ政策の歴史をまとめてみた。出入国管理及び難民認定法
入管法で定められており。全部で種類ある。政府は「いわゆる単純労働者
の受け入れは十分慎重に対応する」との方針を掲げたまま。抜け穴的に年に
入管法を改正して日系人対象の在留このサイトについてサイトマップ
サイトポリシー個人情報利用規約運営会社広告ガイドお問い合わせ第197回国会。出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案内閣提出
の趣旨説明及び質疑このような中。政府は。いわゆる単純労働者の受入れ
については。第九次雇用対策基本計画等において。国民的なそのまま受けとめ
れば。欧州の一部で発生している移民問題と同様のことが日本にも起こるのでは
ないかとの不安が生じ立憲民主党?市民クラブを代表して。入管法一部改正案
に対して質問いたします。もう一点。質問をさせていただきます。

改正入管難民法。晩婚?少子化の日本と比べ。人口が増加する東南アジアでは多くが結婚。子育て
をしている世代に当たる。一方。技能実習制度は家族帯同を認めず。約1年前に
成立した改正入管難民法の新たな在留資格「特定技能」も基本は身一つでの来日
だ。その政策方針は外国人労働者には移民につながる定住ではなく。期間限定で
お帰り願いたいとの政府の本音が透けて財界の要請で外国人の単純労働に門戸
を開く一方。移民につながりかねない家族の入国については「社会的入管法改正案を閣議決定。日本の入国管理政策の大きな転換で。政府与党は今国会での成立をめざす。 野党
は「移民政策ではない」とする政府の姿勢を世界第4位の移民大国?日本で注目されない「もう一つの法改正。国と社会全体のあり方にかかわる重要な法案だが。あまりにも性急であると言わ
ざるを得ない。 法務省の和田雅樹入国管理局長は。「特定技能」という新しい
資格での受入れ見込み人数のうち「技能実習」から移行

今の法案は次期尚早で、少子高齢化が進んでいたり、人手不足というが、本来的にやることをやっていないで、外国人受け入れるには問題が山住。まず、受け入れの条件の中に、日本語が話せること、自国と日本とでは文化も習慣も違うという事をよく踏まえさせ、日本になじめるかどうかという事を見てから受け入れることが抜けている。そうでないと、日本語が話せないから職につけず、行きつくところは生活保護。そういうことで困っている市町村あります。また日本の習慣になじもうとしないから、社会や居住地での住民トラブルの元となっています。まず人手不足なのは、その業界の待遇が悪いから人材が集まらないのだと思いますが。建設業は、東日本大震災をはじめ各地の災害で人手不足かもしれませんが、一方でリーマンショック後リストラされたりして困窮している人が、自立して生活できる待遇での職がないから、食にこだわらず非正規で働きながら、生活保護で不足する家計を維持している。この労働力を生かせば人手不足もだいぶ解消されるはずだと思うが。働けるのに働かない生活保護受給者も、待遇がよくなり自立できれば、生活保護のように世間に偏見もあり、窮屈で暮らしにくい生活から脱して自由な生活が遅れるでしょう。それには、特に大企業が利益を上げても剰余金の積み立てに回し、経済効果の波及がないから景気が良くならないのです。経営者の仕事は大変で、経営手腕も問われます。だから報酬も高いのですが、欧米の経営者はサラリーマン経営者でなく、退陣することになったら自分で迎えてくれる企業を探すのにたいし、日本の経営者はサラリーマン役員で、失脚したり失敗したりしても、関連企業の役員になって、収入は下がるものの生活に影響ない高級です。もう少し役員報酬を下げて、その分を従業員の給与に回すべきだと思うのですが。いくら経営手腕が優れていても、それに基づいて働き売上を上げたり、会社に必要な事務をしているのは従業員ですからね。従業員いなかったら商売できません。給与上げましょう。若い人にも大人の言動の悪影響か、若い人のモラル低下か、働くより生活保護受給する方が楽じゃないかという雰囲気があり、生活保護者2世の問題もかたずいていない。自立できるだけの職業につければ、そしていかに生活保護が窮屈であるか解れば、はたらくのではないか? というか働かせなくてはいけないです。こんな潜在労働力もあるのですよ。あと、ヤフーニュースでこんな怖い記事を見ました。URL載せますが期限切れて見られなくなったらすいません。健康保険が狙われる…外国人受け入れで懸念される“穴だらけ”の実態日本は先進国の中でも、ほとんど難民を受け入れていないから、国際的にも不利な要素があることはわかります。そこは、政府も対応難しいところでしょうね。私はグローバル化の中で移民受け入れを拒否することは先進民主尾国としてむ責任なことだと考えてます。しかし現在の姉政権がやろうとしてることは移民受け入れではありませんよ。ただ労働力不足のために外国人を受け入れようとしてるだけで、欧米からも現代の奴隷制度だと批判されてるような状態です。労働力が不足してるというのならもっと他に方法はあるはずです。去年まで声高に訴えてた女性活躍なんてのはどうしちゃったんでしょうかね。まさにバカ総理という感じですよ。ニュースで目にする、耳にする難民受け入れ問題と、この国で??では根本、根底からしても全く意味合いも何もかも全て違います。 この国のような特有の島国での単一民族国家と、大陸内で地続きの国でのそれとは全く違います。もしも安倍が、外交人労働者の受け入れと移民を同じように、同時に考え国民を騙しているようであればそれは相当な大問題です。 それにこの国って世界的に見れば相当に独特そのもの。我慢して受け入れられるのはせいぜいアジア圏の外国人達。 でも、そんなアジア圏の人達ってこの国にはある程度の期間、目的的に金を稼ぎに来て、いずれは国に帰るというのが殆どですし、こんな国に永住したいなんて考えるのは国に帰っても仕事が無い、できないようなレベルの者達だけでは? で、そんな者達によって治安が悪くなったり、真面に税金を払わなくても医療は受けたりと、そのツケを押し付けられるのが庶民だけになると思います。 まぁ、安倍なんて一般庶民の事を第一に考えた政治も政策も考えない、行わないか当然なのでしょうけど??。人手不足で倒産する企業は全てブラック企業です。だから倒産した方が良いのです。倒産して困るのはブラック企業の経営者と、ブラック企業から政治献金を貰っている自民党だけです。日本は現在の1憶3千万人の労働力で生産し、輸出し稼いだ金で、外国から食料を買い生活していますが、それで十分ではないでしょうか?それで何が不足なのですか?他のアジアの国に比べても十分豊かな生活をしていますよね?それ以上に望む必要が有るのでしょうか?確かに資本家たちは、もっと多くの労働力が有れば、もっと多く生産出来て、もっと輸出できて、もっと多くの金を稼げると思っているでしょう。だからと言って外国から労働者を入れるのはどうなんでしょう?欲望には際限が有りません。外国人労働者を入れたら際限なく入れる事に成らないでしょうか?日本の人口密度は高いです。外の先進国より人口が密集しています。人口が密集すれば生活環境が悪化します。例えお金を稼いでも生活環境が悪化すれば意味ないです。他の先進国と比べたら現在の人口でも多すぎるくらいです。現在の人口で生産し、それでも足りなければ、あきらめた方が良いではないですか?無理して生産する必要が有りますか?生産できるのは日本だけではありません。外の国に生産させてあげたらどうですか?生産を日本が独り占めする必要が有りますか?外国人労働者は日本に税金は払うでしょうが、稼いだ金のほとんどを自分の国に仕送りして日本では使いません。そして、やがて歳を取り、日本で生活保護で暮らすように成るでしょう。そうなったら、その外国人労働者が払った税金以上の金を、あっと言う間に、その外国人労働者の為に使わなければならなく成ります。日本にとっては完全な赤字です。___________移民受け入れは断固拒否すべきだ百田 イギリスに限らず、ドイツもスウェーデンも移民で大変なことになっていますよね。そのへんがたしかにわかっていない人が自民党にも多い。メルケル首相は、難民の受け入れに対してきわめて寛容で、そのことである種の人たちから賞賛を浴びました。しかし、ベルリン市議会選挙の敗北後に、自らの準備不足を認めて「時計の針を戻したい」とまで発言しています。青山 「外国人労働者」といっても、単に言葉を換えているにすぎないケースもあることに注意しなければなりません。ぼくが移民政策に反対していることを知って、官僚がレクに来ます。彼らには「言葉を換えても同じことであって、志を持って官僚になったんだろうから、国益のために考えてほしい」と言って、ヨーロッパで見た現状を話して、なるべく洗脳するようにしているんです。二、三十人に1人はわかってくれるでしょう。百田 これは難しい問題で、たしかにこのあと当分は、労働力が足りなくなるんです。介護などの現場でも必要とされるでしょう。そのために移民を受け入れよう、という理屈は一応わかるんです。しかし、彼らが一定期間経って、仕事がなくなってから、祖国に帰ってくれるのか、それを考えた方がいい。たとえば30歳の労働者を受け入れて、20年~30年働いてもらったとしましょう。その人が、年をとって働かなくなり、なおかつ日本に住み続けた時に、何らかの形で最低限の生活をさせることになります。そのためにかかる金額を考えた場合に、彼がもたらした以上の出費を国がしなくてはいけなくなるはずです。だから、移民の受け入れというのは、国家においては一時的にシャキッとする覚醒剤を打っているようなものになりかねない、とわたしは思います。あとから見たら大きなダメージを受けることを多くの議員が考えていない。青山 労働力の不足を解消したいのであれば、外国人に頼る前に女性や高齢者が働けるようにしたほうがいいですよ。安倍さんも「働き方改革」を進めていくとおっしゃっていますが、残業の話だけではなく、こちらをしっかり考えるべきです。外国人――それも多くは中国人でしょう――が大量に入ってきたらどうなるか。彼らが働き盛りの年齢でやって来て、日本で子供を作ったとしましょう。その時に、彼らはどう考えるでしょうね。ぼくならば、こんなに安全で清潔な国から、不潔な場所も少なくない、賄賂まみれで危険の多い国に子供を帰したいとは思わない。そういう子供が成長してきた頃には、AI人口知能の進歩によって、人間の仕事は減っているはずです。今ぼくは近畿大学の経済学部で教えているんですが、彼らには「この先、君たちの仕事がなくなるかもしれないことは考えたほうがいい」と言っています。というのも、文系の仕事はAIによってどんどん無くなると見られているからです。少し前まで、AIが肩代わりする仕事は、工場など生産に関わるものが中心でしたが、今は企業の経理や総務といった仕事もビッグデータを活用してAIに任せる企業がアメリカで出てきている。いずれは日本にもその波が来る。しかもこの流れは止まらない。限られた仕事を日本人と、在日中国人らで奪い合うようになる。その時に何が生まれるか。憎悪ですよ。リベラルな方たちは、「多様性」を尊重して、移民を受け入れようと言います。しかし、受け入れた結果はもう目に見えているじゃないですか。ヨーロッパで起きていることが日本で起きないと考える根拠が無いでしょう。それなのに、リベラルではない安倍政権周辺の人ですら、移民もしくは外国人労働者を受け入れようと言っている。一体、何を考えているのか。***移民に対して厳しい言動を繰り返すトランプ大統領を「野蛮だ」「無知だ」と非難し、嗤うのは簡単だ。しかし、先を見すえているのはトランプ、反トランプどちらなのだろうか。人手不足の理由はすべて自民党が悪いだけバカみたいに株式会社を1円から作れるようにして雇用の受け皿を増やした職人がいないのは自民党が観光に力を注いで技術を育てようとしていない子供が少ないのは少子化対策を何もしていない入管法改正するには厳罰化するのが最低条件犯罪した国籍は連帯責任で他の同じ国籍の人に課税するという流れにすれば祖国に帰っても袋たたきに合うので犯罪は格段に減る。日本で犯罪して帰国すれば逃げ得になる。自民党の政策失敗を庶民に押し付けるのは入管法改正だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です