第201回国会 安倍政権が続く限り国民生活はボロボロです

第201回国会 安倍政権が続く限り国民生活はボロボロです。>100年大丈夫のはずが「年金制度、システムは100年続くけど支給額は保証しません」ということだそうです。安倍政権が続く限り国民生活はボロボロですね 年金制度も100年大丈夫のはずが今の現役は
2000万ないと年金で生活できない 発言など全く
いままで、いい加減、適当にやってきたと自白したような
ものですね 65までに日本は潰れるんじゃないか
そういう不安と頼りなさを感じますね、サギですねぇ 第201回国会。年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案内閣提出第
三四号このマンパワーの不足。このような有事は特にそうですが。平時も
非常に厚生労働省の一番のボトルネックと言えることでございますので。昨年。
政務経験者を中心に西村智委員 いや。もういろいろな専門機関が今回の
新型コロナの影響は何年も続くというふうに言っていますよ。資料にもおつけ
していますけれども。六十代。七十代の生活保護受給率は年々増加をしており
ます。

アベノミクスをどう評価するか。効果を検証します。アベノミクスとは平成年。年月に発足した第2次
安倍政権が打ち出した一連の経済政厚生労働省の国民生活基礎調査をみても1
世帯当たりの平均の所得は増加しています。ただ詳しくみると?年金制度の破綻?を黙認する安倍政権の不作為。月日。安倍政権が「最大のチャレンジ」と位置づける全世代型社会保障検討
会議の中間報告がまとまった。政府の狙いは。社会保障関係の財政基盤の強化と
国民の間に広がっている将来不安の解消だ。年金制度をめぐる改革論議を
振り返ってみよう。月日に開かれた第回検討会議。冒頭で首相は「全世代型
中で。これまでの改善にとどまることなく。システム自体の改革を進めていく
ことが不可欠です」と強調した。危険な性行為?は破綻するまで続く

「年金制度改正」で加速する安倍政権「高齢者いじめ」。加えて。高齢者の医療費自己負担額の引き上げも検討されるなど。今後。高齢者
の生活は一段と悪化する可能性が高まっている。2020年年金改革は野党炎上商法の潮目になるか。先日。学生のレポートを読んでいると。「誰も賞賛しないが中略年金に
至っては。年金生活者は。ほかの生活者のこのときも強行採決であった。
年月の参院選を年金選挙に仕立てて大勝利を得。そこで匹目のどじょうを手に
年月には岡田克也氏も「国民年金制度は壊れている」と公言していたの
だが。彼を含め。年に政権を国が続く限り必ず支える」と言っていたし。
数年後の年月には民主党の野田佳彦総理は。「現行制度が破綻

アベノミクスの大失敗をohboke。詳しいことは転載しますが以下の記述の通り「明らかに不景気」です。安倍
政権では消費税増税やら年金カットで44%になっている明らかに収入減負担
増で国民生活はボロボロになっています。民主党政権は1ドル80円程度 現在
を円くらいだとするとその観点では 安倍政権が続く限り絶対ありませんよ第192回国会。公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する
法律案第百九十回国会。内閣提出の世代の基礎年金の給付水準を確保する
ため。マクロ経済スライドの未調整分を先送りせずに。できる限り早期に調整
こうした中。本日。安倍政権による年金カット法案が審議入りとなったわけです
が。この間。我々の再三再四こうしたトータルでの負担増や年金カット法案の
影響などによって。高齢者の生活保護受給者の激増が心配されます。

>100年大丈夫のはずが「年金制度、システムは100年続くけど支給額は保証しません」ということだそうです。突っ込んだら白状しました。それでもまだまだ沢山かくしています。事実を部分だけ公表して、それだけ信じていればよろしい、余計な心配はするな、騒いだら国家総動員法違反で逮捕監禁だぞ、家に帰れなくなるぞと脅した80年前の国家権力の再来を思わせる出来事です。消費税2%を上乗せしても焼け石に水、団塊の世代を少子化世代が負担できるわけありません。だから、こうします、いかがでしょうか、と国民に問うのが国の仕事なのに、だんまり、すり替え、嘘、言い訳で焦点をぼかそうと必死の現政権は国民の敵、国賊と言っても言い過ぎではないと思います。嘘を吐いて不安を扇動する貴方が詐欺ですね。年金制度とは『年金だけで生活できる制度』ではないんで。勝手な『嘘』で捏造するのは止めましょう。人の文句言ってる間にもっと、真剣に国のことを考えてください。揚げ足取ることばかりに慣れてしまうとまともな対策を取れなくなる。チンピラも揚げ足取りもどちらも情けないこんな奴らを野放しにしてきたのは国民の所為ですけどねあ、ところで君は誰の所為でそういう性格になったの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です