贈与税はいくらかかる 贈与税等節税に関してご教授ください

贈与税はいくらかかる 贈与税等節税に関してご教授ください。>私達側の土地の売上金を次の持家取得費用として、特例の非課税範囲ないの700万以内で受け取り親族間の売買なので、700万円が路線価から110万円以上違うと贈与税がかかってしまいますよ。贈与税等、節税に関してご教授ください

現在、私の実家と私の持家が2軒隣あった状態で生活しています
私の実家の建物?土地は私の父親名義
私の持家の土地名義は私の父親
私の持 家の建物名義は私になっております

私は2年前に父名義の祖父の家(空家)を建て替え持家を取得しました その際、贈与税がかかるので土地の名義は父のままにしておき、父の死後相続する形をとりました

ただ、今回両親の離婚に伴い2軒分の土地?建物を売りに出し、私達は現在のローンをできる限り返済し、新たな土地に持家を建て直す事になりました
(母は実家に戻り、父は賃貸で暮らす)
出来ればローン残債をゼロにして次のローンを組みたいです

私達のローン残債は3000万ほどで建物のみのローンになります
今回、父名義の私達側の土地の売上金は私達の返済に充てて良い承諾は得ていますが、ここで発生するのが贈与税の問題です
この様な場合、なるべく節税かつ次の生活への残債を減らす方法はありますでしょうか

現持家残債3000万 持家売上15000万(仮)
ローン残債1500万+建て替ローン3000万
ローン残債総額4500万となった仮定します
(ダブルローンの審査が通ったとして)

パターン①(贈与税 登記費用かかる)
土地名義を自分に変え、土地の売上金を現持家のローン返済に充てる

パターン②(贈与税かかる)
名義は変えず、私達側の土地の売上金をもらい現持家のローン返済に充てる

パターン③(贈与税回避できるが、現持家残債が減らない)
私達側の土地の売上金を次の持家取得費用として、特例の非課税範囲ないの700万以内で受け取り、次の持家ローンを減らす

私なりに考えられたのが、上記のパターンです
③が一番節税になる気がしますが、贈与を受けるタイミングがローン実行前でなければいけなかったり、条件が難しそうです

今回は不動産業も行う工務店で建てる予定で、不動産売却から建築までを一括して依頼する予定です
この場合、金銭的なやりとりではなく、売却金をそのまま次の建築費から差し引いてくれれば、贈与も発生しないのかな と素人ながらに思ったりもしました

尚、両親側の建物(ほぼ価値無し)?土地の売上は両親側のローン返済に充てます

この様な複雑な状況で、何か良い方法はないでしょうか

今回の両親の離婚は度重なる父の暴走の影響なので、父に全て請求したい所ですがそうもいきそうになく困っています
ただ、この地に住み続けたいとも思わず2重ローンになっても私達は心機一転頑張ろうと、私達夫婦でまとまりました

長くなり申し訳ございませんが、何か良い方法ありましたらご教授ください 「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での。そして。何かを学んでいる時。学問的な問いに関してはを使います。これと
同じことなのです。 ☆ご教授の主な使い方の例文「先日いただきました資料の件
ですが。

贈与税等節税に関してご教授ください。いずれかを含む。贈与税等節税に関してご教授ください 現在私の特集記事。年以上結婚暦のある夫婦ですが。現在海外転勤により夫婦とも海外に在住し
ています。土地の相続と負債との相殺についてお忙しいところ申し訳
ありませんが。よろしくご教授ください。新築に係る贈与税と名義。土地分筆
に関して夫と妻で登記したいのですが。土地と建物の名義はどのようにしたら
一番節税図解。これから住宅取得資金の贈与をご検討の皆様に贈与税を非課税とするための
手続き。注意点を図解でわかりやすくご案内住宅取得資金を贈与する場合の
贈与税の特例制度について。適用を受けるための要件をしっかりとご確認
ください。令和年からは給与所得控除は原則として現在の金額から万円
減額され。上限は万円減少することになります。ここではそのような話では
なく。住宅取得資金の贈与税の特例と併用できる他の制度についてご案内します

贈与税等。>私達側の土地の売上金を次の持家取得費用として。特例の非課税範囲ないの
万以内で受け取り 親族間の売買なので。700万円が路線価から110万円贈与税の節税対策について。以下の点についてご質問がございます。新築時の節税土地や住宅取得
資金の相続。贈与税対策として最善なのは? 表題について。専門家の知恵をお
貸しください。から全額返済予定無利子だったのですが万円ほど返済
した所で。残りは返済しなくてよいといわれ現在返済が年また。①~③の
状況を踏まえた中で。節税に関して最善策をご教授いただければと思います。贈与税はいくらかかる。祖父母や親から現預金や不動産などの贈与を受けた場合。家を建てるため。子供
の教育費のため。相続対策のためなど贈与税の税率や速算表を知ることが
できる; 贈与税と相続税の税率の違いや相続対策について理解することができる
財産を譲り渡すだけでなく。生前に贈与を行って相続税の税額を抑える。つまり
相続対策や節税として行われることがあります。の記事もあわせてご参考
ください。

明細を分かり易く御教示いただき不安が解消できました。相続ステーションでは。相続税申告や相続手続きに関する多くのご相談を
いただいております。大阪の相続税申告専門税理士件超の相談実績
税理士法人プラスお客様の声明細を分かり易く御教示いただき不安が解消
できました① 生前贈与や名義分散などの対策をされてきた方ほど。注意が必要
です。相続が発生したすべての方へ相続税申告が必要な方へ相続手続?
相続税申告の流れ節税の第一歩は土地評価から遺言分けで後悔遺言?相続
対策について

>私達側の土地の売上金を次の持家取得費用として、特例の非課税範囲ないの700万以内で受け取り親族間の売買なので、700万円が路線価から110万円以上違うと贈与税がかかってしまいますよ。可能かどうかわからないですが、底地をお父さまのものにして、質問者様の建物維持のため、相場の地代を払う形にして、底地の借地権と建物を売却してはいかがでしょうか?お父様の土地を借りる。新しく買う人は底地の賃料をお父さまに支払う。建物を買うという形ですと、贈与税はかかりませんね。登記も1回で済みます。新たな買主さんに、底地と建物を別々に買ってもらう。片方が不成立になった時に備えて、停止条件付きにしたら良いでしょうね。これも、登記は1回、贈与税もかかりません。あるいはどちらかに売買の形にして、借金を年111万円ずつ更改減額、これを暦年で行えば、登記は1回、贈与税も極めて安くできます1000円の納税、申告は必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です