駅前だけが街じゃない 駅周辺から郊外に賑わいが移ったのは

駅前だけが街じゃない 駅周辺から郊外に賑わいが移ったのは。鉄道利用から車利用にシフトして「開発が進み車対応が今更困難な駅前」から「土地が広く車対応が楽で土地代が安い」郊外に移動したんですね。駅周辺から郊外に賑わいが移ったのは、理由があるのですか とくに地方の駅周辺は昔のまち、住宅が残っていたりして見るのは風情があるのですが、大きな車が入りにくかったりで活気がないことが多いのでしょうか
駅周辺でも、駅にくっついているホントに近いところは一定の賑わいがあるのでしょうけれど、たいていは郊外に賑わいが移ってしまったのですか
広い土地が確保できる郊外に人が移ったという事なのですか
どこでもが皆そうなのですか 駅前だけが街じゃない。また。特に地方都市においては。交通の中心が鉄道から自動車に移ったことに
伴い。かつて駅前にあった賑わいが。郊外へと移っていったエリアもある。交通
の中心が鉄道から自動車に移った“車社会”では。郊外立地の大型

第173回都市経営フォーラム。もちろんデフレにはすごく大きな痛みがあるんですが。「痛いのは嫌だから
デフレを退治しろ」というのは。「不老不死の薬愛知県刈谷市の昔々の中心
市街地。「刈谷銀座商店街」の今から3年前の秋の姿です。ジャスコは郊外で
でっかくやっているわけですが。市街地の老朽化した方も閉めていない。なぜか
?たとえば幕張は。駅周辺に住居が全くありません。よくみると雑草や街路
樹の植生だけが違うんですが。TVで映ったくらいではどこかまったく区別が
つきません。

鉄道利用から車利用にシフトして「開発が進み車対応が今更困難な駅前」から「土地が広く車対応が楽で土地代が安い」郊外に移動したんですね。車社会になり幹線道路から近ければ郊外でも利便性が悪くないしね。ほぼお察しの通りです。車持ちが増えて、土地が広くて安い郊外に大型店舗が建てば、人の流れはそちらへ向かい、中心部は空洞化してしまいます。地方のイオンモールは、まさにその典型例です。鉄道利用からマイカー移動に中心が移ったんです。また、大規模店舗法の施行で、郊外の駐車場付き大型店舗がバンバン建ちました。駅前商店街は、モノが古い、高い、種類がない、駐車場がないから買ったものを持って帰るのが面倒ということで、中心部の駅よりも郊外の大規模店舗やショッピングモールに人が流れたということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です