1箇月単位の変形労働時間制における休日の振替 1ヶ月単位

1箇月単位の変形労働時間制における休日の振替 1ヶ月単位。>11月の1労働日を振替休日で休みにされ、替わりに12月の1休日を振替出勤にされました。1ヶ月単位の変形労働時間制と月またぎの振替休日について 11月の1労働日を振替休日で休みにされ、 替わりに12月の1休日を振替出勤にされました 12月は元々22日出勤(8時間×22日=176時間)の予定でしたが、振替出勤が1日追加(+8時間)されたので、月184時間の仮シフトが出ています 1ヶ月単位の変形労働時間制の場合、31日の月は月枠177 1時間以内でシフトを作成しなければいけないと思うのですが、変形期間開始前から上限を超えると思われるシフトを確定させることはできるのでしょうか ちなみに36協定は締結してあります 私としては、月をまたぐ振替出勤を取り消して、12月の出勤日を22日(176時間)とし、12月に入ってから改めて残業や休日出勤の依頼をするべきだと思うのですが、いかがでしょうか 1箇月単位の変形労働時間制における休日の振替。実務上。変形期間を跨いだ振替は認めず。本来の休日に出勤した日については
休日出勤手当を支給し。あくまで金額で期間内に清算し。次月に持ち越さない
という扱いとすべきでしょうか。 また。変形期間内において振り返る場合。特定
週の

社労士監修法定休日をかんたん図解―違反で罰則も。法定休日は。法律により「毎週日以上与えること」が義務づけられており。違反
すると罰則があります。労働基準法では。休日の曜日や祝日を休日とするか
どうかについて。規定していません。週や月または年単位などで業務時間を
設定し。業務量の波に合わせて業務時間の調整を行う。変形労働制の導入の場合
はどうでしょう。また振替休日や代休をどのように取得させるとよいのかなど
。法定休日に従業員の労働がある場合の対応方法を確認しましょう。1か月単位の変形労働時間制で特定された労働時間の事後的な変更と。また。休日振替については。可能ですが。日時間?週時間を超える労働が
設定されていない日や週に休日振替が行われた場合には。時間外労働にかかる
割増賃金の支払いが必要となる点に注意が必要です。 解説 目次 か

週をまたいで休日振替えたとき変形制でも割増が必要か。この質問への回答。ヵ月単位の変形労働時間制を採用する場合には。1.ヵ月
以内の一定期間を平均して週間当たりの労働時間休日が日ある週の休日の
日を。変形期間内の他の週に振り替えた場合。ヵ月の総労働時間は変わらず。週
日の休日は確保されていヵ月単位の変形労働時間制では。週間については
。週時間を超える時間を定めた週はその時間。週時間以下の時間を定めた週
は1ヶ月単位の変形労働時間制と月またぎの振替休日について。弁護士ドットコムヶ月単位の変形労働時間制と月またぎの振替休日について
。就業規則に基づき。当月の労働日を振替休日にして。翌月の休日を振替出勤
にしたとします。その場合。ヶ月単位の変形労働時間制の

>11月の1労働日を振替休日で休みにされ、替わりに12月の1休日を振替出勤にされました。これがそもそもNGでしょう。>私としては、月をまたぐ振替出勤を取り消して、12月の出勤日を22日176時間とし、12月に入ってから改めて残業や休日出勤の依頼をするべきだと思うのですが、いかがでしょうか?その考えで良いと思います。あとはその旨をきちんと会社に伝えるだけですね。頑張ってください。原則として変形労働時間制の中では、振替休日は禁止です。どうしてもやむを得ず行う場合であっても、厳格にその事由を就業規則に列記した上で、当人の同意を取り、同一週内で行うことで初めて可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です