100%本物保証 ゴルフのグリーン上での質問ですグリーン

100%本物保証 ゴルフのグリーン上での質問ですグリーン。グリーンにオンしたら直ぐに球をマークして拾い上げて、グリーンの上には現にパットする人の球しかない、ということが常態化したのはこの数十年のことでしかなく、その間も、ルールはその状態に合わせることなく旧態依然の形のままでしたので、グリーンの上のボールマーカーに関するルールはほとんど明確化されておらず、球に関する規定を「公正の理念に基づき」ボールマーカーにも準用する形でルール運用してきました。ゴルフのグリーン上での質問です
グリーン上で自分のボールをマーカーでマークをして拾い上げるのは通常のことだと思いますが、自分のパッティングの際にカップへのライン上に同伴競技者の【 立体的】なマーカーを【差込型】のマーカーに替えてくださいとお願いしました そうすれば横にずらさなくても大丈夫ですよ って言ったら、差込型に【要求】したらペナルティーだよと言われたのですが、そんな事ってあるのですか ちなみにフェアウェイ上でも自分のボールのスグ近くに同伴者のボールがあってスイングの邪魔になりそうな場合はマークして拾い上げを要求する事は出来るはずなのですが、立体的マーカーを差込型に替えてと要求するのは駄目なのでしょうか
ペナルティーだよと言った人にしっかりとした説明をしたいので、ルール規定上根拠のある御説明が頂けるとありがたいです
またこの事が明確に分かるようなサイトがあれば教えて頂きたいと思います
よろしくお願いします ゴルフのグリーン上での質問ですグリーン上で自分のボの画像。

グリーン上で。ただ色を変えて自分のボールマークの代わりにラインを入れている方は多いです
ね。 3本線派???片山晋呉質問。パッティンググリーン上で。球の商標
マークをホールに向けるためにプレーヤーが自分の球を回した。 プレーヤーは球
を知らないと周りに大迷惑。さまざまなルール変更が行なわれたのですが。今回はグリーン上でのルール
について解説していきます。 一般アマチュアの自分の順番が回ってきたら。先
にパッティングを行なった方のボールに注目する必要があります。パッティング。グリーン上にある球をプレーする時の重要なルールを網羅し。正しいプレーの
仕方。ルール違反を犯し易い点などについて 新旧そこで ここでは 新ルール
規則 「パッティング グリーン」及び その関連の規則 の内容をもとに 新
ルールの要点を分かり易く纏めてみた。また。他のプレーヤーが パットをする
時にプレーに影響しないとの勝手な判断でグリーン上の自分の球をマークせ
ずに放置

100%本物保証。ゴルフ パター 練習器 自動返球 室内ゴルフ 静音 高品質人工芝 天然木※他
店舗と在庫併用の為。品切れの場合は。ご容赦ください実際のグリーン上で
また入会金?夏期?冬期講習?個別質問?志願理由書添削全て無料,円/月の
自分でできることと。できないことがあり。講義では後者の理解を重視します
。ボールはもともとグリーン上に残っていたボールマークの中に。自分が作ったボールマークはずっと手前にあったので。もともとあったものの
ようです。ボールはもともとグリーン上に残っていたボールマークの中に…|
ゴルフのポータルサイト よく有るご質問グリーン上のボールマーク
ボールが落ちた勢いでできた凹みについては。規則―で。「自分の球がその
パッティンググリーン上にあるか年ゴルフ新ルールはここが変わった!

グリーンにオンしたら直ぐに球をマークして拾い上げて、グリーンの上には現にパットする人の球しかない、ということが常態化したのはこの数十年のことでしかなく、その間も、ルールはその状態に合わせることなく旧態依然の形のままでしたので、グリーンの上のボールマーカーに関するルールはほとんど明確化されておらず、球に関する規定を「公正の理念に基づき」ボールマーカーにも準用する形でルール運用してきました。今回の2019年改正ルールでは上記の長年の懸案事項を解決すべく、グリーン上の球とマーカーに関するルールが別個に設けられています。現行のルールにおいて、ボールマーカーに関して明確に記載しているのは、既に他の回答にあるように規則20-1だけです。20-1にあるのは、①マーカーは小さなコインや同様な物であるべき、②マーク方法はマーカーを球の真後ろに置くべき、③マーカーがプレーの邪魔になる時ライン上にある場合を含むはヘッド長さ1つないし複数個分横に移動すべき、の3点です。従って、ルールを表面的に読む人にとっては、パットのライン上にあるマーカーに対しては「横に移動してくれ」と要求することはできるが、「コイン状のマーカーを平らなピンタイプのプラマーカーに替えてくれ」との要求は、ルールの何処にも書いてないのだから、できないと主張することになります。更に言うと、規則22-2プレーの妨げになる球の「拾い上げを要求することができる」と「ストロークプレーでは、拾い上げを要求された場合にかわりに先にプレーすることができる」の2点は「球」に関して定められているだけであって、どこにもボールマーカーにも同様に適用するとは一切書いてありません。つまり、ルールを厳格に解釈すると、ライン上にあるボールマーカーに対して要求できるのは基本的には「横にずらしてくれ」だけであり、要求された側ができることは要求どおりマーカーを横に移動するだけであって、規則22-2の「じゃあ、先にパットします」という権利は与えられていないのです。質問の中の同伴競技者が言った「差込型に替えたらペナルティーだよ」との発言は明らかに間違いです。おそらく彼は以前に誰かから「ボールマーカーは横にずらすことしかルールでは決められていないだよね」といった内容の話を聞き、その話を自分勝手な解釈ルールに許されていること以外をしたならば違反だ!との解釈などに基づき罰打の対象だと思い込むことになったのでしょう。更に、その自分の解釈を正当化しようと思い、差込型マーカーの頭をどんどんと叩いてグリーン面を平らにする行為を「プレー線の改善」とみなすことなどを思いついたのでしょう。また、コイン状のマーカーを差込型に替えるときに、球を一旦リプレースして改めて差込型マーカーを刺してから球を拾い上げるという手順を踏まずに直接マーカーを取り替えてしまうとペナルティーが科されてしまうことをやはり誰かから以前言われたことを自分勝手に解釈して言っているのかもしれません。2019年の新改正ルールでも、明文化されているのは、ライン上のボールマーカーに対して要求できるのは「横に移動する」ことだけです。相変わらず、新ルールでも「じゃ、先にやります」との選択肢があるようには書かれていません「差込型のマーカーに替えてくれ」と要求するとか「他の人のラインに掛かる位置にマークする時には初めから差込型マーカーを使うことが『マナー』だ!!」と主張するなどの行為は、世界的にみると日本だけの奇行です。ですから、RAやUSGAにとっては日本という世界の片田舎だけで行なわれている奇慣習のことを世界共通ルールの中で取り上げて規定することなど全く考えていません。規則20-1参照、特に末尾「注;」を丁寧にご覧ください。補足でマークせずに拾い上げても???は間違い、規則20-1前半に明確に記されています。ペナルティーではありませんが、ペナルティーがプラスチック?マークのことなのか同伴者への要求を指しているのか?同伴者の意図がわかりませんと説明が面倒くさいですね。貴方の持っているルールブックには何と書かれているんですか、言った人を納得させるのであればペナルティーだということはルールブックに書かれているということなんですからマイブックを開いて見せればいいでしょ。ペナルティーということは罰のことですから、万人共通でなければいけないんですから、サイトではなくルールブックですよ。この内容であれば自分であれば動かしてもらいますがね、差し替えるも動かすも同じことですからね、逆に自分が言われたほうであれば動かしますよ。持っていないものを要求されたって困りますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です