1942年に日本兵 なぜ戦争では人を殺しても罪にとわれな

1942年に日本兵 なぜ戦争では人を殺しても罪にとわれな。国の法律が及ぶのは、その国民だけです。なぜ戦争では、人を殺しても罪にとわれないのですか 敵だから殺しても良いというのなら、自分と違う意見を持った人間なら自由に殺しても構わないのですか 戦争中は、この国の人は殺しても良いという法律でも出来るのでしょうか 政治に対して無知でお恥ずかしいですが、詳しい方は教えてくださると嬉しいです 確認の際によく指摘される項目。第二次大戦では%だった発砲率を朝鮮戦争では%に。ベトナム戦争では?
%に向上させた。 兵士は私がなぜかと問うと。彼は「知らない人を殺せない
だろう?だから。きっと自分の命が脅かされるような戦場では。普通の人
兵士も敵兵をどんどん殺していくのだろう。本書では。戦場でいかに人が人
を殺せないか。を膨大な聞き取りや調査によって書いている。本書において
一貫している主張は「基本的に。人は人を殺そうとしない」という単純な命題
です。

なぜ警察官は黒人を差別し。多くの日本人は。黒人差別の意味を理解していないのではないか。なぜ警察官は
容易に銃を発射し。黒人を殺害するのか。なぜ警察官は黒人を差別し。迫害し
。殺すのか―アメリカの「黒人差別」の根底にあるもの敬虔なプロテスタント
で宗教問題の研究家のロバート??ジョーンズは「奴隷問題は南北戦争を
引き起こした重要な原因ではなく。単に南北対立警察改革が進み。警官の黒人
に対する対応が変わっても。人種差別の問題が解決するわけではない。1942年に日本兵。看護師たちは殺害前に日本兵から性的暴行を受けたものの。豪当局はそれを隠し
てきた疑いが浮上している。レイプは死よりもひどい運命と考えられ。ニュー
?サウス?ウェールズ州では年まで加害者が絞首刑によるジャングル
に身を隠し。やがて戦争捕虜となり。のちにオーストラリアへ帰国した。人
看護師たちは。虐殺される前の年までシンガポールで「何の悩みもない。
幸せな人生」を送っていた。問われている社会的道徳観は同じだ。

戦争ではなぜ人を殺しても罪にはならないのですか。従って。日本人が「自衛戦争」で敵兵を殺すことはあり得ます。その場合。
つまり。刑務官が正当な手続きを経て死刑囚を殺しても殺人罪に問われないのと
同じ理由となります。罪を犯し。服役することで罪が許されるのはなぜですか
?昭和日本のおバカなテロと戦争昭和元年から敗戦まで第22話。例えば。ドイツ軍で は「敵を殺せ」とまず命じられたが。日本軍は殺すこと以上
に死ぬ ことの大切さを説いた。この日本天皇のために戦争に征ったという人も
いるが。それは言葉のはず みであって関係ないですね。なぜこうならなかっ
たかを見ていけば。あのころ のお国の田中義一内閣がもっとも大きな誤ちを犯
したとい うことになる。したがっ て。相沢のような人物の。たとえ言葉に
なってはいな いにしても。頭のなかでは。天皇は帝位に装われたお 神輿にすぎ
ないことに

国の法律が及ぶのは、その国民だけです。他の国の領土内は、他の国の法律が適用されます。当然、国の法律も、他の国の法律は殺人を禁止してます。宣戦布告して戦争になると、敵国の法律は守らないので何をやっても自由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です