D·Sub15ピンミニケーブル NBAではディナイは基本

D·Sub15ピンミニケーブル NBAではディナイは基本。やる選手もいます。NBAでは、ディナイは基本的に行わないんですか 今シーズンを見ていて疑問を持ちました どなたか教えて下さい D·Sub15ピンミニケーブル。ハイピックロールでは。スクリーンを使ってからすぐにジャンパーを打って
基本的にスリーや右のエルボーからのジャンパーが多いので。トランジション[
追加]今シーズンのはなので調子が戻ったのかもしれない。の
ディフェンスはシーズンごとに大きく変動するので。重視しないほうがいい
と思う。ディナイ不要論③~敵を味方に変える守り方とパックライン。今回は「ディナイをしない守り方」をチーム全体で落とし込んだ話をしていき
ます。をされないように守ろう」というチームの共通の線のことで。ボール
マン以外の選手はパックラインよりも上には基本的にはいないようにします

やる選手もいます。選手というかチーム単位での約束事になるかと思いますが、相手のエースプレイヤーにディナイを行うことはあります。ただ、ディナイするということはスペースが出来てしまうということですし、視界が狭くなるのでスクリーンプレイで反応が遅くなるなど弊害もあります。特にNBAはちょっとスペースがあればすぐにシュートまで行ける選手たちの集まりなので、別にエースでもない選手に対してのディナイはチームディフェンスで考えるといいとは言えない部分もあります。他には高さのミスマッチに陥ったときにインサイドでポジションを取られた場合などはディナイする場合も多いです。インサイドプレイヤー同士だと、NBAの場合ディフェンシブスリーセカンドディフェンス側の3秒バイオレーションもあり、逆サイドからのヘルプが遅れることもあるので、インサイドでのディナイも良い点ばかりではないです。ロブパスあげられて一発というパターンもありえますし。もちろんディナイ気味にディフェンスすることは多いですが、上記のように完全にディナイというのはあまりないです。余談ですがキャブスが優勝したときのカリーに対するデラベドバのディナイは効いていましたね。エンド側のシャドウのヘルプが素早くこれる時はディナイしてますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です