JRおでかけネット えきねっとについて西日本の北陸エリア

JRおでかけネット えきねっとについて西日本の北陸エリア。まぁ、民営化による最大の弊害の一つですね。えきねっとについて

西日本の北陸エリアで使えるなら
同社の関西や山陽など(大阪駅や広島駅など)はもちろん
新大阪や名古屋など東海の駅でも技術的には可能とみなされます
なぜ可能なの に面倒がってしないのでしょうか JR東日本?西日本が実施。東日本?西日本で。新幹線や一部特急列車がインターネット予約でなんと「
%」になるというこちらのキャンペーンの対象は。北陸新幹線の「
かがやき」「はくたか」全列車の普通車指定席席数限定のみ。えきねっと
」とは。新幹線や特急列車の指定席きっぷの申込み。国内ツアー商品などを
提供しているサービス移動費だけで万円近くかかる旅行となると気軽には
行けないですが。半額キャンペーンを使うことで。近場エリア関連記事

えきねっとJR東日本。お取扱い内容について きっぷの区間線 ※スマートフォン?携帯電話で
お申込みいただけない区間についてもそのまま記載しています。 北海道
および西日本北陸エリアでお受取りができるきっぷの区間えきねっとJR東日本。お受取りについて 西日本北陸エリアでお受取りいただける駅えきねっと
北陸新幹線 注「黒部宇奈月温泉駅」および「糸魚川駅」では「みどりの
窓口」がございません。「ジパング割引」など窓口にて引換が必要なきっぷはJRおでかけネット。西日本が運営する観光情報サイトです。時刻表?運賃?列車運行情報遅延
証明書?トクトクきっぷ??-カード?駅?路線図などの営業
情報や西日本各地の観光情報。?エクスプレス予約?スマートなどの
予約

「新幹線eチケットサービス」が始まります:JR西日本。ロゴえきねっと または ロゴ東北?北海道。上越。
北陸。山形。秋田の各新幹線全区間の停車駅相互間下図参照で発売
する商品の概要などについてはこちらをご覧ください。同一列車?同一
行程なら。一回のご予約で名まで交通系カードでご乗車いただけます。
今後はモバイルもお使いいただける新幹線チケットサービスをぜひご利用
ください。各エリアのおすすめ情報についてはこちらもご覧ください

まぁ、民営化による最大の弊害の一つですね。エリア跨ぎは「許さない」という各JRの本音が見え隠れしてますね。特に東海と東日本の仲が悪いと言われたのにはここにも要因が隠されています。従来の切符は国鉄時代から継承していたものが多くそれで「エリア跨ぎ」していたので、発売エリアは限られても利便性は格段に上でしたここでの発売エリアとは、大きな駅には行かないといけないが全国どこでもみどりの窓口でなら購入できたという意味。それが分社化の結果利用できるきっぷは限られ、更に一般的な切符は減らされるなど、結局旅行会社を当てにしなければならない鉄道エリアは増えているわけで、飛行機とは大きな違いもあります。補足は「賢くない消費者」の屁理屈でしか無い。受け取れるところ、運休などのトラブル発生時の対応など総合的に判断して利用の可否を決めるもの。システム的にはできないことはないのはおっしゃる通りですが、やる意味が乏しいんです。JR各社はJR全線のきっぷを販売していますが、他社が自社線のきっぷを販売した場合、発券に他社の指定席券売機で自社線のきっぷが発券された場合、販売手数料が発生します。JR東海は、JR東日本とJR西日本に対する販売手数料の金額が半端なく、EX予約?スマートEXはそれを少しでも少なくするための方策なのです。えきねっとも同様で、JR東日本が発券可能な駅をJR北海道とJR西日本の一部に制限しているのも、他社に支払う手数料を抑える手段なんです。逆にJR東日本で予約して他社線のきっぷを発券させれば手数料が増えます。逆にe5489などが東北新幹線は那須塩原までしか予約できないのは、ドル箱の東京-仙台は渡さないという意思なのです。確かに全国のJRで発券できないなど面倒くさいですが、国鉄分割民営化の目的のひとつに株式上場売却益の国庫への繰り入れによる財政再建がありますから、ある意味仕方がないとあきらめています。考えられる理由1.決済処理が煩雑になる。手数料の発生も含む2.他社の予約システムを利用しそこで問題が生じた場合、対応が難しい。要は面倒が多いということです。今後各社共通のネット予約システムを構築する動きがあれば変わるかもしれません。しかし、各社独自のサービスと結びつけて展開しているので、現実は厳しいかと思います。スマホやICカードにきっぷの情報を書き込む方式が一般化されれば、受け取り云々の心配は要らなくなりますので、こちらの方が現実的です。要望は各社に直接出してください。株主になればより強力になります。面倒がると言うよりは自社のサービスがあるのに、他社に利益が行ってしまうのも防ぐためだけです。ただ北陸新幹線開通で西日本エリアから東日本エリアからへの直接移動が多くなった北陸地域は導入しないことによる利益より、窓口上の混乱を避ける目的のほうがトータル面で有利だと判断し、例外的に導入しています。会社の違いを意識せずと言いますが、上場している会社ですので意識は利用客ではなく当然自分の会社の株主にも向けなければなりません。自社でネット販売システムを持っている以上、そちらを使ってもらいたいのは会社として当然のことです。あなたの言い分では、中華料理屋に入って別の中華料理屋のチャーハンの方が美味しいから買ってきてこの店で食わせろ!と言ってるのと同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です