Obsessive 20歳女です 強迫性障害で悩んでいま

Obsessive 20歳女です 強迫性障害で悩んでいま。人間の心の性質について、少し説明させてくださいね。20歳女です 強迫性障害で悩んでいます

昔から不安に思う事や周りからは自意識過剰だよって言われるような悩み事が多くて、パニックを起こし診断されるまでは周りが言うようにただの気にし 過ぎなのかなって我慢していました
そのうち人が怖くなり電車でも過呼吸を起こしパニックになる事が多くなり、ヘルプ先の職場の女の子に露骨に嫌な顔をされたり目の前で心無い事を言われ、悔しながら怖くてその店舗へ出勤できなくなってしまいました

今まで仕事が長く続かず、自分への苛立ちと周りへの恐怖で気が滅入っています 処方された薬を飲んでもやはり一瞬しか落ち着かず何錠も飲み自殺や家出を考えてました

同じ悩みがある方が居ましたらアドバイスや少しでも気持ちが楽になれる方法を教えて頂きたいです 「とらわれ」の病。「手を何回洗っても。きれいになった気がしない」「戸締りが気になって。何度
も確認してしまう」…。ある特定の考えが自分の意思に反して繰り返し浮かび
強迫観念。それによって引き起こされる不安や恐怖などを打ち消すために

強迫性障害OCD人形町メンタルクリニック。強迫性障害の説明。強迫性障害は。不合理とわかっている考えやイメージ強迫
観念が意思に反して繰り返し浮かび。不安。恐怖を引き起こす。さらに不安。
恐怖を和らげるために強迫行為を繰り返してしまう障害です。中央区日本橋の
心療年代別でみる心の病。思春期 ① 前期;学童期後期歳から歳ころ 体の変化 小学校の中。
高学年強迫性障害。しかし。その行為を行うために時間を浪費し 日 時間以上。症状が起こる
状態を回避して生活を継続することに精神的に疲れ果ててしまいます。 強迫性
障害はの症状を”性格”だと思って見過ごしていませんか? 悩まれている方何をしても治らなかった神経症がついに克服できる。自己正常化プログラム神経症克服プログラムを受けた方の喜びの声 代
海外在住ヨガ講師 女性 神経症の症状。うつ病?ストレス性障害 快調だった

Obsessive。このリーフレットは。強迫観念や強迫行為の問題を抱える方。その家族。友人。
そしてこの問題についてより深く知りたい方のためにあります。 ここでは次の
ようなことを説明しています。 強迫性障害になるとどうなるのか; 自分を

人間の心の性質について、少し説明させてくださいね。実は心には次のような性質があります。ある一つのことを思い始めると、そのことに寝てもさめても思い続け、ますます強く思い続ける性質、習性を持ちます。たとえば、好きでもない人のことを、好きだ好きだと思い続けるとますます強く好きになるという性質が心にあるのです。逆に嫌いでもないのに、いつも嫌いだ嫌いだと何かにつけて思い続けるとますます強く嫌いになるという性質を心は持ってしまうのです。これを執着心、こだわり、わだかまり、と心理学でいいます。また、心の生活習慣とも言います。ホームレス三日やったらやめられないとか引きこもり三日やったらやめられないとか仕事のさぼりを三日やったらサボり癖になるといいます。ほとんどの悩みは無意識にやっているといつの間にかそれが生活の中の習慣になるという性質、癖になるのです。昔からこんな話があります。暗闇で幽霊だと思ってよく見たら枯れたすすきだったというのです。自分が思っていたことをよく見たら勘違いして怖がっていたということが普段の暮らしの中でよくあるのです。でも大切なことは、不安なことや心配なことを無視するのではなくその理由や原因をはっきりさせてその原因を改善することで不安な気持を解決するのが正しいのです。このような考えで常に自分の心と向き合えば無意味に強迫障害で悩むことはなくなりますよ。心の問題は心で解決するもので薬や注射では解決しません。ですから今のままではそのような状態から誰も抜け出すことは出来ません。からだは美味しい食事とゆっくり休むことで元気になりますが心の食事は明るく楽しい気持ちよいことを聞いたり見たりして元気になるのが心の栄養です。ですから、自分の好きな食べ物を食べて気持ちよいものを見たり聞いたりして好きなことで心を元気にしてくださいね。心の病やトラブルには原因がありますその原因を見つけて原因に合った治療をするといいでしょう病院ではこのような治療はしてくれません難しいことですがこのように自分で治療を進めることしかないのですあなたのように若い人が心の症状が出る場合は愛着障害のことが多いですまず 障害に当てはまらないか調べてくださいこの障害の詳しいことはネットで検査してください過呼吸発作を起こすということはパニック障害ですね。僕は強迫性障害で過呼吸発作はありませんが、過呼吸発作についてちょっとしたアドバイスがあります。過呼吸発作を起こすと息が苦しいので息を吸おう吸おうとしてしまいますが、それ以上には吸えないので余計に苦しくなります。苦しいのでさらに吸おうとする悪循環です。ですから吐くことをしっかり練習して下さい。普段から呼吸の練習をしてみて下さい。呼吸の「呼」は吐くことを意味します。「呼吸」という順序ですから吐くのが先とも言えます。吸う前に吐くと考えてみて下さい。家の中で練習するときは椅子でも床でも良いので座って姿勢を良くして下さい。その姿勢のまま肩の力を抜いて下さい。筋力で背筋を伸ばすというよりバランス感覚で背筋を伸ばすイメージです。身体を軽く揺すって身体の中心軸を感じてみて下さい。「自然に吐いて~、自然に吸って~」を頭の中で繰り返しながら楽に呼吸して下さい。余計な力が入っていると呼吸が苦しくなりますので、その場合は一回普通の呼吸に戻して下さい。その後、再び「自然に吐いて~、自然に吸って~」と考えながら呼吸に注意を向けて下さい。先程も申しましたように余計な力が入っていると呼吸が苦しくなりますので脱力するように心掛けますが身体の中心軸だけはしっかり伸ばして下さい。少しの猫背は許容範囲内です。バランス感覚で身体の中心軸を感じるようにするのがコツです。「脱力しながら吐いて~、脱力しながら吸って~」と考えながら呼吸しても良いですね。歩くときも身体の中心軸を感じながら呼吸に注意を向けてみて下さい。苦しくなったら一回普通の呼吸に戻して下さい。ちょっとしたコツがあります。余計な力が抜けると自然に腹式呼吸になりますが、「お腹で呼吸する」と考えると身体の前面ばかりに注意が向かいがちです。お腹の中を中心に前後左右上下にお腹が膨らんだり縮んだりをイメージしてみて下さい。そうでなければ吐くときは横隔膜が上がるイメージ、吸うときは横隔膜が下がるイメージです。姿勢や呼吸が安定すると精神状態は安定してきます。また、散歩するのは想像以上に気分が上向きますよ。散歩するだけでも良いし、散歩しながら呼吸に注意を向けても良いし、どちらにしろ気持ちが安定してきます。過呼吸発作以外には何か症状はありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です