Premiere Premiere Pro 2019にて

Premiere Premiere Pro 2019にて。オーサリングという言葉が出てきませんが、ストリームデータをただディスクに書き込んだだけではプレーヤー機器では再生できません。Premiere Pro 2019にて編集した動画をDVD用に書き出し、Windows10にてDVDに書き込みをしましたが DVDプレーヤーやPS4でこのディスクは再生出来ませんと出てしまいました 書き出しの形式やDVDへの焼き方で簡単なものを教えてください 結婚式用のDVDで当日会場で流す物なので急ぎですm(_ _)mPremiere。。。などほとんどの動画ファイルを読み込むことが出来る
ですが。時々特にファイルが読み込まない。または音声
を収録したはずなのにシーケンスにのせたら音が出ないという事象に私も悩ま
されました。の編集ソフト やで書き出した
ファイルを読み込まない場合が時々あります。

[Premiere。は一つのソフトで完結も可能なソフトですがテレビ制作などでは
オフライン編集。オンライン編集と次々に他の人にデータを受け渡して行くこと
になり製品を組み合わせてなどに出力するので安定したドライバーの
バージョンで作業をする必要があるんです。もう動画で書き出す白完を作る
かポスプロのバージョンで作り直すしかないのです。プロジェクトを渡す
場合はもちろん素材を含めた編集データが全て揃っている必要があります。Premiere。縦横比がもしくはフルの場合は「 」を選択し
書き出してください。 ?を使って に焼く 早速。を使いますが
。 の

オーサリングという言葉が出てきませんが、ストリームデータをただディスクに書き込んだだけではプレーヤー機器では再生できません。まずは、オーサリングについて。DVDでということなので、DVD-Video形式規格のファイルフォルダ構造に作らないといけません。これがオーサリングです。Prでの書き出しはDVD-Video向けの形式で書き出されたなら、MPEG-2のファイルになっていると思います。そのファイルを使ってオーサリングソフトでDVD-Video形式に作成するのです。DVD-Video形式ごときはフリーのオーサリングソフトもありますが、あまりお勧めできません。Adobeでは昔のEncoreがありますが、お持ちならそれを使います。定番としてはペガシスのTMPGEnc Authoring Worksあたりがお勧め。PrでDVD-Video向けに書き出したファイルからは無劣化のスマートレンダリングでオーサリング作成できます。他の方が適切な回答をしているので、これはアドバイス。パソコンを使う上での基本中の基本。DVD-Videoで書き込む場合、ディスクをフォーマットしてはいけません。フォーマットする=DVD-Videoで書き込めなくなる、ですので。昔、これを丁寧に回答したことがあるのだけど質問者が逆切れしちゃった。フォーマットしない書き込みと、フォーマットして書き込むのと、2種類あるのを最後まで理解できなかったみたい。質問者さんが、それを理解できる人であることを祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です