Seasonal インフルエンザの予防接種をしないのはあ

Seasonal インフルエンザの予防接種をしないのはあ。幼稚園や保育園では、インフルエンザが園で流行しますと、こどもの登園停止だけでは追い付かず、休園もしないとならない場合もできてきます。インフルエンザの予防接種をしないのはあり得ない事ですか この前、いつも仲良くしているママ友にインフルエンザの予防接種について聞かれました 我が家は毎年受けてないので、そう言ったところ、 『えーー あり得ない ってか信じられない 子供が可愛くないの 』 と言われたんですが… 子供が可愛くないわけではないですし、そんな受けるかどうかは自由じゃないですか 保育園で必ず受けて下さい と言われてるわけでもないし そんなにあり得ない事なのでしょうか 調べたら、良くない成分が使われたりしてるし…インフルエンザについて。別にやりたくない人はやらなくていいんですが。普通の人が騙されて。回避でき
たはずの危険にさらされるのは巷間よく言われる誤解の一つ。「
インフルエンザワクチンを接種すると。インフルエンザにかかる」という事は
あり得ません。ウィルスは空気中を飛んでるわけですから。身体に入れない
ためには息をしないしかありません。インフルエンザワクチンは。ウィルスに
感染した時に症状を軽減する為に。つまり重症化させない為にうつのです。

いかりこどもクリニック。季節風インフルエンザ予防接種の事なんですが。どこの病院もなくて受けられ
ない状況なんですが。もうワクチンは入ってこないんでしょうか?接種しない
のにお金取られる事に納得いかないのですが皆他の病院もそうですか?地域
によってワクチンの接種時期や色々な事情が異なりますので一概には言えないの
ですが。文面の内容が本当だとすると当地域ではありえない内容かなと思います
。何か一番いい方法はそのような症状がある時ビデオなど撮って受診される
ことです。Seasonal。インフルエンザとはインフルエンザウィルスによって発病し。鼻。喉。肺。に
症状をもたらす伝染性の呼吸器疾患です。センターは。インフルエンザを
最も効果的に予防できる唯一の方法は。インフルエンザ予防注射を毎年受ける
ことだと述べています-年のインフルエンザシーズンに対応する
ワクチンはいくつかあり。それぞれ。年齢や-種の異なる気管支系の病で。
熱がない場合や。他の軽い病気であればインフルエンザワクチンを接種しても
かまいません。

インフルエンザ。ワクチンで防げる病気を知って子供たちの命を守ろう。
インフルエンザワクチンは効かない。とよく言われます。た人たちをペアにし
てワクチンを接種する人と接種しない人に分けて登録し。シーズン中の感染状況
を報告してもらう方法です。 厚生労働省の研究班の報告では1歳から6歳の
ワクチンの有効率は20?30%だということです。これはどういうことかという
と。ワクチンを接種した人たちはワクチンを接種しなかった人たにに比べて発病
する人が20?30%インフルエンザワクチンについて。インフルエンザワクチンを受けても。インフルエンザではない。インフルエンザ
に良く似た病気にかかってしまう場合が但し。歳以上では回接種で効果が
認められていることから。歳以上では回接種が原則です。チメロサールを
含有するか, 含有するものと含有しないものとあり, 含有しない

感染症情報センター<パンデミックH1N12009>。インフルエンザワクチンの製造やワクチン株の選定はどのように行われているの
ですか?接種要注意者とは。接種の判断を行うに際し。注意を要する者を指す
ものであり。禁忌者ではない。これは。ワクチンの効果および。ワクチン接種
後の副反応に関しての研究がまだ少なく。十分な知見が得られていないこと。
また。この月齢まで主治医あるいはその依頼に基づき。事例ごとに検討して。
ワクチンを接種するか。しないかを決めるのが望ましいと考えます。

幼稚園や保育園では、インフルエンザが園で流行しますと、こどもの登園停止だけでは追い付かず、休園もしないとならない場合もできてきます。したがって、予防接種や手洗い?うがいなどの予防を奨励している園が多いです。インフルエンザワクチンは1970年代から、現在のようなエーテル処理による不活化ワクチンが継続されて40年以上の歴史があります。良くない成分が使われているなら、とうに何らかの問題が生じていなければなりませんが、全く問題なく、使用されており、安全性と有効性は確立されています。ネット上の出典の怪しい誤った情報に躍らされないようにすべきでしょう。東京都のデーターでは、すくなくとも半数以上のひとは接種しています。そのママ友さんは言い方が悪いですがいわゆる典型的なB層です米国が作り出したこの国の社会構造に思いのままに操られまんまと騙されているので、ある意味仕方がありませんワクチンは米国主導のもと政官業が結託した利権のシステムなので何重にもフィルターがかかっているので相当知識がないと大半は医者の言いなりです調べたり考えたりすることを放棄しているので前の羊に付いていく羊と同じ状態ですその羊飼いは米国ですワクチンに予防効果などありません。ワクチン接種をするから重症化するのですワクチンに重症化を防ぐ効果もありません人間には免疫細胞が存在します重症化をワクチンで防いだのか?自己免疫力で防いだのか?調べようがないものの効果を示すことなど出来ません■病気より怖いのがワクチンワクチンは約150種類の添加物などが直接血管内に直接入ることで排除出来ずに免疫抑制をかけて、感染症の慢性状態を作り出しますワクチンは Th2 サイトカインを増やし、Th1 サイトカインを抑制して子供の体内でIgE抗体の産生を増加させぜんそく、アトピーなどのアレルギー反応を誘発するのでアレルギーや喘息?アトピー?自閉症?発達障害など様々な病気の原因になるのがワクチンです■前橋医師会のレポートインフルエンザワクチンが効かないということを立証する有名なレポートに前橋医師会のレポートがありますある児童の予防接種事故をきっかけにして集団接種を中止した前橋市は、研究班を立ち上げ5つの市で計75000人を対象にして6年間にわたりインフルエンザワクチンの疫学調査をしました。その結果、ワクチン接種の有無で罹患率が全く変わらずワクチンが何の効果も示さないことが証明されています以降、定期接種から任意接種へと変更されたのが歴史的事実です何とか接種させたい製薬メーカーが事実を隠してあの手この手で重症化という何とも曖昧な表現で不安煽り接種させるように働きかけているだけです製薬会社がスポンサーのTVでは当然このような情報が流れることはありませんし議論することすら不可能です[重要]インフルエンザの流行を作り出しているのがワクチン米国科学アカデミー紀要に掲載されたインフルエンザ患者の呼気についての論文ワクチン接種を受けていた人でその後、インフルエンザにかかった人の呼気から排出されるウイルスの量は接種していない人より 6.3倍多いことがわかっています。つまりワクチン接種者自体がウイルスをバラ撒いているのです■インフルエンザ脳症厚労省の「インフルエンザ脳炎?脳症の臨床疫学的研究」2001で脳症はインフルエンザウイルスのしわざではなく一部の解熱剤が原因になって引き起こされていることがわかっています死亡率アセトアミノフェン 29.5%ジクロフェナクナトリウム 52.0%メフェナム酸 66.7%その他の解熱剤 22.7%■予防効果のない根拠インフルエンザウイルスは、そもそも鼻やのどから感染します。これを防いでいるのは鼻水や唾液に含まれるIgAイミュノグロブリンAです感染予防に働くIgA抗体をまったく増やさない現行のワクチンで予防できるわけがないのです。これは、感染症やウイルス学の専門家の多くが指摘しています■予防効果のない根拠2011年にオランダのエラスムスメディカルセンターのワクチン学研究結果子供が定期的にワクチン接種を受けることでインフルエンザと闘う免疫システムが悪化すると結論づけていますこの研究はワクチン接種の反対科学者ではなくワクチンの性能を改善する賛同者によって行われています研究リーダーRogierBodewes氏はインフルエンザワクチンは潜在的な欠点がありこれについては議論を行うべきと述べています■予防効果のない根拠ワクチンは弱毒化した病原体やインフルエンザワクチンのように病原体の一部を皮下注射で注入し病原体に対する抗体を作らせようとしますしかし通常なかなか抗体が作られませんなぜなら健康で免疫力の高い人は、抗体を作る必要がないからですしっかり異物と認識しT細胞の働きで対応できるからですほとんど当たりもしない抗体を作らせるためにはわざわざ免疫増強剤アジュバントを添加したり保存剤と称して有機水銀や発癌性のホルマリンなどの様々な毒物を入れて免疫系を混乱させ、免疫力を低下させる必要がありますつまりワクチン接種で抗体を作らせることに成功したというのは免疫力を低下させることに成功したということです。ところが、多くの人が、これを免疫がついたと言っていますそして、一度に大量の異物が血液中に入り込むため免疫系が混乱し、処理しきれず、病原体と抗体が結合したものがそのまま排泄されず血液中に留まります感染症の慢性状態の出来上がりです!因果関係を曖昧にすることで原因不明となり普遍的な病気を作り出し、病院へ通い薬をのみ続けることで患者を固定資産化するのが医療製薬業界が作り出す医療奴隷制度ですその結果、世界の人口1.8%の日本人が世界の薬の40%タミフル75%を消費している薬漬け大国なのです。その医療費は国家税収とほぼ同額の40兆円それらの税金が外資製薬メーカーに湯水のように流れ込んで行くこれが医療連盟が作り上げた日本の現実です内側の戦争に免疫力が使われるので外の見張りがおろそかになり、免疫力が低下したいしたことない病気に感染し重病になりやすくなりますこのように予防接種によって血中に異物が入り排泄できず、血液が濁り、毒血症となってさまざまな疾病を引き起こしますすなわちワクチンの予防とは、感染症の慢性状態を作り出すことにありますウイルスの型はA型でも144種類さらに変異を繰り返すのでワクチンは無駄な抵抗でしかありません■ワクチンの有害物質チメロサールチメロサールは、成分の半分がエチル水銀です水銀は神経軸索や脳細胞に損傷を与えますDPT、インフルエンザホルムアルデヒドシックハウス症候群」の原因物質のうちの一つ国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され発癌性があると警告インフルエンザアルミ免疫作用を働かせるためアシュバンドとしてアルミを使っていますアルミは脳に蓄積すると脳機能に影響を与えます。インフルエンザ、DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎デオキシコール酸ナトリウム動物臨床で、脳関門の損傷、皮質体積の減少、神経細胞の減少ほとんどの生ワクチングルタミン酸ナトリウム脳で興奮毒になり脳機能を損傷ほとんどの生ワクチンポリソルベート界面活性剤脳関門の損傷DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎、インフルエンザ■予防効果のない根拠ワクチンは国策であり外資のビジネスです。ワクチンは日米年次改革要望書により米国製薬業界の強い圧力により勧奨が求められ米国の属国の日本は厚生省から各自治体へ命令が下りますエビデンスは製薬会社により捏造され御用学者を数億単位で雇い改ざんされるのは普通の話です医療?製薬分野は世界で約1000兆円の超巨大利権です日本は米国に勧められ米国はWHOが勧めるからと言うが?そのWHOを作ったのは国連ですその国連を作ったのはCFR外交問題評議会ですそのCFRを作ったのはロックフェラー財団ですロックフェラーは石油製薬業界ファイザー製薬などで米国の政治経済までも動かしています完全なるマッチポンプですWHOは製薬業界が作り製薬会社の寄付などで運営されていますエビデンスは製薬会社が作ったものだけが承認されます出回っている世の中のエビデンスは製薬会社がロビー活動を行い御用学者を雇い、億単位の金銭供与で捏造されています独立系の民間機関の反対論文などは抹殺?隠蔽されるのが当たり前です大学の研究費を出しているのも製薬会社です医師連盟は政治に深く関与して医療分野に予算を奪うのが仕事です医師は製薬会社から接待や金銭供与を受けて動くお仲間集団です厚生労働省の天下り先は製薬会社であり、彼らは自らの保身が一番ですTVメディアのスポンサーは製薬会社ですから真実は放送されません日本の報道は全て米国大使館でチャックされ米国に不利な報道は許されません*そして知恵袋でも製薬関係者がコメントしています完全に公平性を欠いていますこんな世の中で真実の情報など一般市民に流れるはずがありません出回っているエビデンスを信じろと言う方に無理があります少し歴史や社会構造を調べればわかるかと思います■結論現代人は農薬や添加物?コンビニ?お菓子などで食の質も悪く+食べ過ぎゲーム?TV?スマホ?パソコンなどで姿勢も悪い化粧?整髪料に毛染めなどの経皮毒も多く過剰な除菌?殺菌?消毒で菌にも弱くエアコンやシャワー生活?運動不足で体温も低くよって睡眠の質も悪くさらにはワクチン接種で強い免疫力がなく何かあると直ぐに病院へ行って薬を飲む生活です弱い体を作り、さらに拍車をかけて弱くする悪循環ですこれでは強い免疫力は備わりません歴史?政治?経済?社会構造や利権などの背景からも予防とは劇薬のワクチンではなく日々の生活習慣の見直しや健康管理による免疫力の向上です 。ワクチンがあぶない!医学博士ですいや、本当です。抗インフルエンザワクチン接種の是非については、医療関係者のあいだでも意見が分かれており、その効果及び弊害については、未だはっきりしたデータが揃っていないのが現状です。ですから、あなたの言うとおり、接種するかしないかについては個人の自己責任にもとづく自由ですし、少しも変ではありません。ワクチン接種は純然たる医療行為です。強制されて行うものでは無いですし、少なくとも、ほんの少しでも免疫学というものを知っている人間であれば、毎年受けなくてはならないワクチン?というものに対して、ある種の気色の悪さを感じない人は居ないと思うんですけどね。自信持ってください。WHOも「ワクチンを打つことの是非は意見が分かれるところだが、予防効果には多少疑問がある。それどころか、毎年ワクチンの副作用によって死者も出ている。惰性で接種するのではなく、熟慮の上で判断するようお勧めしたい。」と言ってます。責められるべきは惰性で接種している周囲の人たちです。その人たちがウィルスをばらまいているとしたら驚きますよね。そもそもワクチンに効果があるなら子供なんて2回も打ってかかるはずがない。それを個人差があるとか型が違う株が違っただと言い訳してるだけです。ウィルスはとても変異が早くワクチンを作り始めるころに予想して半年以上も前から作りはじめて効くわけがない。HIVウィルスのワクチンを聞いたことありますか?あれはもっと変異が早いのでワクチンは作れないんだそうです。だとしたらワクチンが効くウィルスの変異の速さには限界があるということになります。インフルエンザは追いつけないウィルスです。その変異の仕方によって毒性や伝搬力?感染力に違いがでているにすぎません。そのあり得ない方たちの方こそありえなくて可哀そうな人たちなのです。良くない成分が含まれていると言う輩の言い分を真に受けているから、あり得ないとなるわけです。合併症であるインフルエンザ脳症は予防接種しか防ぐ方法はないのです。我が家の周りでは接種している家庭が大半なので、接種していないことはあり得なくはないけど、少数ではあります。みなさん、接種することによるメリットデメリットを踏まえた上で選択しています。 ですから受ける受けないは自由です。ただ、受けている側からすると、少しでも流行を抑えたいからみんな受けてくれたら良いのになとは思ったりもします。接種しても絶対にかからないわけではないのは理解してますけどね。また可愛くない云々は重症化しないための接種という観点から我が子を守るためになにもしないのが同じ親として信じられないということなのでしょう。質問者さんがきちんと調べてメリットデメリットを把握した上で接種しないとしたなら、周りの意見は気にしないで堂々としていたら良いと思います。ただ受けている方のことも理解して振る舞う必要は出てくるかなと思います。私は毎年受けていませんなので普通だと思います私も受けません。予防接種の事故は、過去たくさんあります。新発のものは、数年は受けません。子供のものは特に。重篤になる病気以外は、事故の方が怖いこともあります。それぞれの考え方次第ですので、あり得ないと言うのは無知なのでしょう。うちも受けない派ですが、周りはみんな受けるみたいです。来年からは、受けないって言わない方がいいですよ。インフルエンザが流行ったら、あなたのせいにされますから。聞かれても、適当に濁しておけばいいです。アレルギーがあるから受けられない人もいますし受ける受けないは勝手ですし、どうこう言われるものでもないですが、罹患した時に軽症で済むため本人の負担も軽い、というメリットはあります。発症した時に体力の少ない子供や高齢者は肺炎を併発したり最悪死亡する場合もある、ということもあります。故に受けたことによるデメリットよりメリットを取る、ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です