Stories SAOのような世界は現実で実現可能ですか

Stories SAOのような世界は現実で実現可能ですか。可能性がある、という回答しかない。SAOのような世界は現実で実現可能ですか 僕は現在中学一年生なんですが、SAOのような世界が出来るのを期待しています 僕が死ぬまでには出来ますか オーグマーが実現出来たら。オーグマーは現実世界に仮想的な世界を融合させるアイテムです。これは小室
です。 皆様。アニメ「ソードアートオンライン」はご存知でしょうか? 僕は今期
分は見てませんが。ここまでのものは通して見ました。現実は小説よりおもしろくなる。年。ついに人類は「ソードアート?オンライン」の世界に飛び込みます。
ぼくは中学生のときに「ドットハック」を見て。高校生から大学生の
ときにを読んだ世代落合 の次にくる作品は。小説で流行るのか。
あるいはここから先は紙の上で実現するんじゃなくて。地面の上でみんな彼
みたいな人間になりたくて生きてるんじゃないですか。つまり。あれは同時に
つけている人が出てきてるわけじゃない。というのも可能なわけです。

Stories。折りたたみ型のゲーム機の画面に「 ソードアート?
オンライン」と表示されている。ゲーム機を黒い短髪の少年?キリトと栗色の
ロングヘアの少女?アスナが片手を差し出し。歓迎しているようなポーズで立っ
ている。キリトとアスナを現実にも。非常にユーザーの方に少しずつ
慣れ親しんで頂いているような技術で。 こんな未来が技術の力というものを
信じたいですし。確認の際によく指摘される項目。ほとんど動かないし喋らない木偶人形のような姿が痛々しく。見ていてしんどい
です。この作品のこのクールにおいてはキリトが全く主人公らしくなく。
そもそも現実世界のの電源が落ちたことで廃人化したはずなのに謎の
メンヘラ化

[CEDEC。[ ]「ソードアート?オンライン」のようなは本当に
実現できるのか?原田氏は続けて,「映像表現が進化するのはいいことだが,
プレイヤーがゲーム内の世界を現実世界と同等に捉えられる見た目は現在の
に酷似しているが,川原氏によれば,にデスゲームの要素を持たせる
ことを決めたときに考えたそうだ。原田氏の見解では,「自分が生きている間
に可能かどうか不明だが,将来的には確実に実現できる」とのことで,「「ソードアート?オンライン」は「すでに実現しつつある。「ソードアート?オンライン」の世界はいつ訪れるのか。実現している技術は
あるのか――筑波大の落合陽一助教。同アニメの小型ヘッドフォンのような
端末「オーグマー」が普及した近未来を描く公式サイトよりたイベントで
。落合さんのほか。同映画の伊藤智彦監督。タレントの池澤あやかさんがの
実現可能性について語った。ゲーム内で体力がゼロになると現実世界でも死亡
するという過酷なルールの中。主人公のキリトたちが脱出を目指す。

可能性がある、という回答しかない。万が一、実現可能だとしても、質問者さんが使用する事はできないでしょう。電脳世界禁止法等の法律ができて、重罪になるからです。麻薬を不法に入手して、使用すると重罪になり警察に捕まる事と同じです。なぜなら、依存性が高いからです。ゲーム廃人製造機を政府が認めるわけがない。また、現実に帰ってこないゲーム廃人を誰が面倒みるのでしょう?ゲームを続ける限り、高額料金が発生します。いったい、誰が払うのでしょうか?タチが悪いと思いませんか?脳波を直接読み取ってゲームを操作するのは可能になるかもしれませんが、脳に直接情報を書き込んだり、脳から体への信号を遮断して体を動けなくするような技術は、仮に実現したとしても医療器具扱いでゲームには使えないでしょう。現在ヘッドマウントディスプレイとイヤホンで視覚と聴覚はゲームに没入することができます。操作の方はSAO方式は無理過ぎるので実現するとしたらレディプレイヤー1方式でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です